Rakuten infoseek

辞書

本屋【ホンオク】

デジタル大辞泉

ほん‐おく〔‐ヲク〕【本屋】
主要な建物母屋(おもや)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん‐や【本屋】
書物を売る店。また、その業者。出版社をさすこともある。書店。
映画業界などで、脚本・シナリオを書く人。台本作家。
屋敷の中でとなる建物。母屋(おもや)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんや【本屋】
本屋とは〈物の本屋〉からでた称である。古代大陸から伝来した暦を〈こよみのためし〉と訓読した例がある。〈物の本〉とは,物事のためし,つまり前例手本となることが書いてある書物であった。したがって〈物の本屋〉=本屋は,宗教書,学問書,教養書などの書物を商う者の称であった。これに対して,娯楽的な書物は草紙(草子)といわれ,これを商う者は草紙屋絵草紙屋と称された。江戸時代には総称して本屋ともいったが,正式には取扱い品目名称が区別されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんおく【本屋】
建物の主要な部分。ほんや。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほんや【本屋】
本を売る店、また人。出版社をいうこともある。書店。書肆しよし
主要な建物。おもや。ほんおく。
映画や演劇関係で、脚本家・台本作家・シナリオライターをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本屋
ほんや
書物、草紙(そうし)類の出版販売業者。すでに平安時代の京都で経師による写本販売があったが、専業本屋の出現は室町時代末期で、京都に絵草紙屋があり、手書きの御伽草子(おとぎぞうし)や奈良絵本を売った。本格的な書物出版販売業の成立は、江戸時代の元和(げんな)・寛永(かんえい)期(1615~1644)で、古活字版ついで木版で出版を営む本屋が、京都を中心に輩出した。元禄(げんろく)年間(1688~1704)前後は出版業の大発展期で、京都では100余軒、大坂では20余軒、江戸では約40軒の本屋が活動し、名古屋、金沢、仙台などにも現れた。初め、仏書、儒学書、和文古典の刊行が多かったが、俳諧(はいかい)書、仮名草子、浮世草子、浄瑠璃(じょうるり)本、重宝記(ちょうほうき)などの新作物も多く刊行され、井原西鶴(さいかく)や近松門左衛門(もんざえもん)の作品はベストセラー現象を呈した。
 本屋のなかでも、仏書、儒学書、和文古典など(これらを物(もの)の本といった)を主として出版する業者を、物の本屋、書物屋、書物問屋などといい、絵草紙類を出す絵草紙屋と区別されていた。近世後期は、大坂、江戸の出版業が台頭し、常時それぞれ数十軒の本屋が活動していた。江戸独特の浮世絵、黄表紙(きびょうし)、中本(ちゅうほん)類を出版した絵草紙屋は地本(じほん)問屋とよばれ、常時10余軒が活動していた。著名な本屋として出雲寺和泉掾(いずもじいずみのじょう)(京都。和文古典、武鑑)、平楽寺(へいらくじ)村上勘兵衛(京都。仏書)、須原屋(すわらや)茂兵衛(江戸。武鑑と江戸絵図)、蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)(江戸。歌麿(うたまろ)・写楽の浮世絵)などがあげられる。[今田洋三]
『今田洋三著『江戸の本屋さん』(1977・日本放送出版協会) ▽宗政五十緒著『近世京都出版文化の研究』(1982・同朋舎出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐おく ‥ヲク【本屋】
〘名〙 建物の主な部分。母屋。ほんや。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「中間の小門を開けて、本屋の裏手へ歩を運んだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほん‐や【本屋】
〘名〙
① 建物の主な部分。母屋。ほんおく。
※集義和書(1676頃)一六「百姓屋敷の本屋の跡は石ばかりにて」
② 書物をあきなう家。また、版木を彫ったり、印刷したりして製本して売り出す店。また、その人。書肆。書林。
※人倫訓蒙図彙(1690)四「本屋(ホンヤ)〈略〉今は板にこれを彫也」
③ 脚本やシナリオを書く人の映画界などでの俗称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.