Rakuten infoseek

辞書

本居宣長【もとおり のりなが】

美術人名辞典

本居宣長
江戸後期国学者。伊勢松坂生。号は芝蘭・春庵・鈴屋。初め堀景山儒学を学び、のち賀茂真淵入門。国学四大人の一人。『古事記伝』『玉くしげ』等著書は多く、全国に多数の門人を雍した。享和元年(1801)歿、72才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

もとおり‐のりなが〔もとをり‐〕【本居宣長】
[1730~1801]江戸中期の国学者。国学の四大人の一人。伊勢の人。号、庵(春庵)・鈴屋(すずのや)。京都に出て学を修める一方、源氏物語などを研究。のち賀茂真淵に入門、古道研究を志し、「古事記伝」の著述に30余年専心。また、「てにをは」や用言の活用などの語学説、「もののあはれ」を中心とする文学論、上代の生活・精神を理想とする古道説など、多方面にわたって研究・述に努めた。著「うひ山ぶみ」「石上私淑言(いそのかみささめごと)」「詞の玉緒」「源氏物語玉の小櫛(おぐし)」「古今集遠鏡」「玉勝間」「鈴屋集」など。
小林秀雄の長編評論。昭和40年(1965)から昭和51年(1976)まで「新潮」誌に連載。最終章を書き下ろし、全体を調整した上で、昭和52年(1977)刊行。翌年、第10回日本文学大賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

本居宣長 もとおり-のりなが
1730-1801 江戸時代中期-後期の国学者。
享保(きょうほう)15年5月7日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)松坂の木綿商小津定利の子。本居は先祖の姓。母勝のすすめで京都に遊学し,堀景山に儒学をまなび荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の学風や契沖(けいちゅう)の古典研究に啓発される。また武川幸順らに医学をまなび郷里で開業。かたわら国学を研究し,賀茂真淵(かもの-まぶち)に入門。古語の実証的分析をすすめ,日本独自の「古道」をとなえた。享和元年9月29日死去。72歳。通称は健蔵。号は春庵,鈴屋(すずのや)など。著作に「石上私淑言(いそのかみのささめごと)」「玉勝間(たまかつま)」「古事記伝」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もとおりのりなが【本居宣長】
1730‐1801(享保15‐享和1)
江戸中期の国学者。伊勢国松坂に生まれる。旧姓は小津氏,のち先祖の姓に復し本居を称する。幼名を富之助というが,何度か改名している。生家松坂木綿を手広くあきない,江戸にも出店をもつほどだったが,父の死をきっかけに家運がかたむき間もなく業を廃した。宣長も商人になるのをやめ,医師として身をたてるため22歳のとき京に上り,堀景山の門に入り儒を学び,堀元厚,武川幸順に就いて医を修業した。6ヵ年にわたるこの京都遊学時代に,宣長学の土台はつくられたらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もとおりのりなが【本居宣長】
1730~1801 江戸中・後期の国学者。伊勢松阪の人。芝蘭・舜(春)庵・中衛と号し、鈴屋すずのやと称す。医者を開業する一方、古典研究を行い語句・文章の考証を中心とする精密・実証的な研究法により、古事記・源氏物語など古典文学の注釈や漢字音・文法などの国語学的研究にすぐれた業績を残した。また、復古思想を説いて儒教を排し、国学の思想的基礎を固めた。国学四大人の一人。著「古事記伝」「源氏物語玉の小櫛」「古今集遠鏡」「漢字三音考」「てにをは紐鏡」「詞の玉緒」「玉勝間」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本居宣長
もとおりのりなが
[生]享保15(1730).5.7. 伊勢,松坂
[没]享和1(1801).9.29. 伊勢,松坂
江戸時代後期の国学者。幼名小津富之助。号は芝瀾,のち舜庵。商家に生れ,23歳のとき医学修業のため上京。堀景山に儒学を学び,契沖の著作に触れ,古学に開眼。 27歳で歌論『排蘆小船』を書き,34歳のとき『石上私淑言』 (1763) ,『紫文要領』 (63) などの文学論を著わした。同年松坂で賀茂真淵に出会い入門。『古事記』の詳細な注釈に取りかかり,34年をかけて『古事記伝』を完成。書斎を鈴屋と名づけ,門人たちへの講義を行なった。『直毘霊』 (72) ,『馭戎慨言』 (77) ,『葛花』 (80) などはこの頃の古道論である。天明の飢饉にあたり,紀州侯徳川治貞に求められて『秘本玉くしげ』の政治論に『玉くしげ』の君子道論を添えて奉った。紀州侯徳川治宝に仕え,五人扶持を受けた。『玉勝間』 (95~1812) や『源氏物語玉の小櫛』 (1799) ,彼の学問の方法論の集大成ともいうべき『宇比山踏』 (98) など多数の著書を著わし,国学の完成者として多大の影響を及ぼした。国語研究にも画期的な業績を残しており,その研究は文法と音韻の2つに大別される。文法研究は係結を中心とする文中における語の呼応関係と活用の研究が中心であり,その著書にはそれぞれ『てにをは紐鏡』『御国詞活用抄』がある。音韻研究は漢字音が一つのテーマで,『字音仮名用格』『漢字三音考』などが知られる。また『古事記伝』では,上代文献の用字法についても調査し,語によって用いられる仮名に一定の排他的関係があることを指摘した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

本居宣長 (もとおりのりなが)
生年月日:1730年5月7日
江戸時代中期;後期の国学者
1801年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もとおり‐のりなが【本居宣長】
江戸中期の国学者、語学者。伊勢国(三重県)松坂の人。通称、彌四郎。号は鈴屋(すずのや)。京に出て、堀景山に漢学を学び、堀元厚について医学を修業したが、契沖の書に啓発されて古典の学に志し、「源氏物語」「万葉集」などを講じた。賀茂真淵に会ってから古道研究の素志を固め、「古事記」の研究に着手し、「古事記伝」を完成した。彼の家学は、子春庭、養子大平に継承され、後世に大きな影響を与えた。著作は他に「源氏物語玉の小櫛」「古今集遠鏡」「てにをは紐鏡」「詞の玉緒」「玉勝間」「うひ山ぶみ」など多数。享保一五~享和元年(一七三〇‐一八〇一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

本居宣長
もとおりのりなが
1730〜1801
江戸中期の国学者・歌人で,国学の大成者
伊勢(三重県)松坂の商家の生まれ。京都で医・儒学を学び,松坂に帰り小児科医を開業。遊学中に契沖の著書を読み,国学に関心を深め,また賀茂真淵 (まぶち) の学風を慕い,1763年松坂に泊った真淵に面会し入門。以後文通による指導を受け,'98年までかかって『古事記』を実証的に研究し,大著『古事記伝』を完成,日本固有の古代精神の中に真理(古道)を求めた。また国文学の本質を「もののあわれ」とし,儒学的・仏教的な理解を極度に排斥した。宣長の学問は分化・継承され,長男春庭 (はるにわ) ,養子太平,門人伴信友らは文学・語学・歴史学を継ぎ,平田篤胤 (あつたね) は古道説を神学的に発展させた。『玉勝間』『秘本玉くしげ』『直毘霊 (なおびのみたま) 』など著書も多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本居宣長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本居宣長の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.