Rakuten infoseek

辞書

本多正純【ほんだまさずみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本多正純
ほんだまさずみ
[生]永禄8(1565).三河
[没]寛永14(1637).3.10. 横手
江戸時代初期の大名。正信の長男。初名は弥八郎。徳川家康に近侍し,信任が厚かった。慶長5 (1600) 年の関ヶ原の戦いで捕われの身となった石田三成を預り,同 12年家康が駿府に移ると,その執政となって,秀忠に近侍する父正信とともに権勢をふるった。また大坂の陣では大坂外堀の埋立奉行として活躍,下野宇都宮 15万 5000石を領した。そのほか大久保忠隣 (ただちか) ,福島正則改易策謀。元和8 (22) 年最上義俊の領地収に向ったとき,突然秀忠の勘気に触れて出羽国由利に流され,その後大沢に移り,寛永1 (24) 年佐竹義宣に預けられて没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほんだ‐まさずみ【本多正純】
[1565~1637]江戸初期の大名宇都宮城主。三河の人。正信長男通称、弥八郎。父とともに徳川家康信任され、幕府創業に活躍。家康死後、将軍秀忠の怒りを受け、出羽に流された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

本多正純 ほんだ-まさずみ
1565-1637 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
永禄(えいろく)8年生まれ。本多正信の長男。徳川家康の側近として権勢をふるった。大坂冬の陣後の大坂城総堀の埋め立て,家康の葬儀・日光東照宮造営などを指揮。元和(げんな)5年下野(しもつけ)宇都宮藩15万5000石の藩主となったが,将軍秀忠にうとまれ8年に改易(かいえき)された。蟄居(ちっきょ)先の出羽(でわ)横手(秋田県)で寛永14年3月10日病没。73歳。三河(愛知県)出身。通称は弥八郎。上野介(こうずけのすけ)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほんだまさずみ【本多正純】
1565‐1637(永禄8‐寛永14)
江戸初期の大名。徳川家康の側近。家康・秀忠の2代にわたって,のちの大老または老中に相当する役割を果たした。正信の長男。幼名は千穂,のち弥八郎を襲名幼時から家康に近侍し,すでに83年(天正11)には家康の文書の取次ぎを務めている。1600年(慶長5)関ヶ原の戦に家康に奉し,戦後家康が大坂城西の丸に入って以降,側近として国政参画。01年,従五位下上野介。とくに07年家康の駿府引退以後は側近第一人者として万事をとりしきり,その権勢は,秀忠の側近に配置された父正信とともに〈父子あいならびて天下の権をとる〉(新井白石《藩翰譜》)と後世評された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんだまさずみ【本多正純】
1565~1637 江戸初期の大名。正信の長男。徳川家康の信任を受けて草創期の幕政に敏腕をふるい、宇都宮城主となったが、将軍秀忠の勘気を受け、出羽由利に配流された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本多正純
ほんだまさずみ
(1565―1637)
徳川家康の側近。創業期の江戸幕府で後の老中の位置にあった。正信(まさのぶ)の第1子。三河(愛知県)に生まれ、幼名を千穂、のち弥八郎(やはちろう)と称す。幼少のころから家康の小姓(こしょう)を勤めていたらしく、すでに1582年(天正10)には家康の文書の発給に関与している。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いには家康に供奉(ぐぶ)し、翌年従(じゅ)五位下、上野介(こうずけのすけ)。このころから父正信とともに家康の側近第一人者として枢機に参画し、とくに07年家康の駿府(すんぷ)(静岡市)引退以後は正純は家康の側近にあり、父正信は江戸の秀忠(ひでただ)の側近として、父子協同して幕府権力確立に尽くした。16年(元和2)家康の臨終に立ち会い、葬礼や日光東照社造営などを指揮し、19年下野小山(しもつけおやま)(栃木県)3万3000石から同宇都宮15万5000石に加増されたが、22年城地を没収され出羽(でわ)(秋田県)由利(ゆり)に流された。家康の生前その信任をかさに秀忠に対して専横のふるまいが多く、また政策上の意見の対立があったのが原因と伝えられる。宇都宮城に釣天井(つりてんじょう)じかけの御殿をつくり秀忠暗殺を企てたという話があるが、偽りである。寛永(かんえい)14年3月10日出羽横手で没。[高木昭作]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほんだ‐まさずみ【本多正純】
江戸初期の大名。本多正信の子。家康の信任厚く、父正信と並んで権勢をふるった。大坂の陣、武家諸法度の制定、東照宮造営など功をあげ、宇都宮城主となったが幕臣の反感をかい、出羽国(秋田県)に流された。永祿八~寛永一四年(一五六五‐一六三七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

本多正純
ほんだまさずみ
1565〜1637
江戸初期の譜代大名
正信の子。三河(愛知県)の人。徳川家康・秀忠に仕え,幕府の実力者として大いに権勢をふるった。豊臣氏滅亡や武家諸法度の制定に参画。下野(栃木県)宇都宮城主(15万5000石)となったが,辣腕 (らつわん) のため周囲のねたみを買い,反対派の策謀で改易となり失脚した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本多正純」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本多正純の関連情報

関連キーワード

足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝ローレキリシタン関係主要人名総合年表(アメリカ)田村市都路池田輝政イムディーナ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.