Rakuten infoseek

辞書

本塁【ホンルイ】

デジタル大辞泉

ほん‐るい【本塁】
本拠となるとりでや場所。「敵の本塁を攻め落とす」
野球で、一塁線と三塁線の交点の内側につくられた五角形の走者が一・二・三塁を経て最後にここを踏むと1得点となる。ホームプレートホームベース。ホーム。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほんるい【本塁】
本拠となる城・砦とりで。ねじろ。根拠地。 敵の-を陥れる
野球で、投手が投球の目標とする場所。五角形のゴム板で表示される。走者が各塁を回って、ここに達すると得点になる。ホームベース。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐るい【本塁】
〘名〙
① より所とするとりで。また、場所。
※朝野新聞‐明治一〇年(1877)一〇月一四日「蘭兵敵の本塁に迫りしに」
② 野球で、打者が投手の投球を打撃し、また、走者が各塁を一周してここに戻ってくると得点が認められる塁。通常白色の五角形の板を置く。ホームベース。
※新式ベースボール術(1898)〈高橋雄次郎〉一「Hと云ふ字の書てある隅を、原語で『ホーム』(Home)と云ひ、本塁(ホンルイ)、牙営、本営、亳下(きか)なんかと、訳します」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本塁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本塁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.