Rakuten infoseek

辞書

本城【ほんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

本城
ほんじょう
長野県中部,筑北村南部の旧村域。筑摩山地の山間盆地にある。 1889年村制。 2005年坂北村,坂井村と合体して筑北村となった。米作,高冷地野菜の栽培,畜産が行なわれる。中心集落は西部の西条で JR篠ノ井線の西条駅がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほん‐じょう〔‐ジヤウ〕【本城】
本丸(ほんまる)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほんじょう【本城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほんじょう【本城】
支城に対し、領主が本拠としている城。根城。
城の総構そうがまえのうちで中心的な部分の称。本丸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔福岡県〕本城(ほんじょう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔秋田県〕本城(ほんじょう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

本城
ほんじょう
長野県中央北部、東筑摩郡(ひがしちくまぐん)にあった旧村名(本城村(むら))。現在は筑北(ちくほく)村の中央部を占める。旧本城村は2005年(平成17)坂北(さかきた)村、坂井(さかい)村と合併し筑北村となる。犀(さい)川の支流麻績川(おみがわ)が筑摩山地に形成した山間盆地にあり、JR篠ノ井(しののい)線、国道143号、403号が通じる。米、ハクサイなどがおもな農産物。明治中期から大正初期にかけては付近から採掘された亜炭が諏訪(すわ)の製糸工場へ移出されて栄えたが、中央本線(現JR)の開通で常磐(じょうばん)炭が入るようになり衰微した。[小林寛義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐じょう ‥ジャウ【本城】
〘名〙
① 中心となる城。ねじろ。本丸。ほんじょ。
※玉葉‐寿永二年(1183)一一月二日「伝聞頼朝〈略〉停止上洛入本城了」
② 自分の属している、この城。当城。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もと‐じろ【本城】
〘名〙 中心となる城。ねじろ。ほんじょう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本城の関連情報

他サービスで検索

「本城」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.