Rakuten infoseek

辞書

本位【ホンイ】

デジタル大辞泉

ほん‐い〔‐ヰ〕【本位】
判断や行動をするときの基本となるもの。「人物本位で採用する」「自己本位の生き方」
貨幣制度の基準。「金本位制度」
もとの地位・位階。「本位に復する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほんい【本位】
考えや行動などの基本になるもの。基準になるもの。 国民経済を-とした政治 自分-にものを考える
貨幣制度の基準。 金-
もとの位置。もとの位。 -に復する
勲位に対して普通の位。文位。 又-ある人、これを兼ねたるも有るべし/正統記 後醍醐

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほん‐い ‥ヰ【本位】
〘名〙
① もとの位。以前の位階。
※続日本紀‐天平一八年(746)閏九月乙酉「无位塩焼王授本位正四位下
勲位に対して、常の位階。文位。
※神皇正統記(1339‐43)下「つねの官位のほかに勲位といふしなをおきて又本位ある人、これを兼ねたるも有るべし」
③ もといた場所。原位置。
御堂関白記‐寛仁二年(1018)正月三日「進奉加御冠、退従廂行西立本位」
④ 判断や行動をするときに中心とする基準。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「相対して重と定り善と定りたるものを議論の本位と名く」
⑤ 江戸時代、遊女の最高位の者。太夫。松の位。
※浮世草子・好色床談義(1689)五「松とも太夫とも左馬とも、其外上官、本位、松職、高躰抔いへり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本位」の用語解説はコトバンクが提供しています。

本位の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.