Rakuten infoseek

辞書

末枯【うらがれ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

末枯
うらがれ
久保田万太郎短編小説。1917年(大正6)8月『新小説』に発表。19年新潮社刊の作品集『恋の日』に収録。事業に失敗して寂しい隠遁(いんとん)生活を送る「鈴むらさん」を中心に、盲目の噺家(はなしか)せん枝を配し、時代の波に押し流された「末枯」のようなはかない下町の人たちの生活を、万太郎独自の哀感あふれる下町ことばで描き出した佳作。慶応義塾大学卒業後、一時文学的にも生活的にも行き詰まりをきたしていた万太郎にとって、これは自己の文学を確立した画期的作品であり、初期の代表作となった。続編に『老犬(ろうけん)』(1918。のちに『続末枯』と改題)がある。[柳沢孝子]
『『久保田万太郎全集1』(1968・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うらがれ【末枯】[書名]
久保田万太郎の短編小説。大正6年(1917)「新小説」誌に発表。落魄(らくはく)していく下町の芸人たちの生活を哀感を込めて描く。続編に、大正7年発表の「老犬」(のち「続末枯」に改題)がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うら‐がれ【末枯】
〘名〙 (動詞「うらがれる(末枯)」の連用形の名詞化)
① 草木の先の方が枯れること。《季・秋》
※万葉(8C後)一四・三四三六「しらとほふ小新田山(をにひたやま)の守る山の宇良賀礼(ウラガレ)せなな常葉(とこは)にもがも」
② うらぶれていること。わびしい様子。
※末枯(1917)〈久保田万太郎〉「其処いらは、末枯(ウラガレ)の、どこか貧しい、色の褪めたやうな感じのするところだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うら‐が・れる【末枯】
〘自ラ下一〙 うらが・る 〘自ラ下二〙 (「うら」は「すえ」の意)
① 草木の先の方が色づいて枯れる。《季・秋》
※歌仙本人麿集(11C前か)下「我せこを我が恋をれば我宿の草さへ思ひうら枯に鳧(けり)
※太平記(14C後)二「岡辺の真葛裏枯(ウラカレ)て、物かなしき夕暮に」
② 声がかれる。かすれる。
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「こはつきも舌ばやにうらがれ、かくもいやしく成物かな」
※夜行巡査(1895)〈泉鏡花〉二「泣出す声も疲労のために裏涸(ウラカ)れたり」
③ うらぶれる。うらぶれてわびしいさまである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末枯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

末枯の関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦レーニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.