Rakuten infoseek

辞書

末広がり【すえひろがり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

末広がり
すえひろがり
狂言の曲名脇狂言大果報の者 (シテ) が太郎冠者 (アド) に都で末広がりを求めてこいと命じる。末広がりがであることを知らず「末広がり買いま」と往来を呼び歩く太郎冠者に,すっぱ (詐欺師) の売手 (アド) は,を末広がりとだまして売る。持帰った傘を見て主はさんざんに叱るが,太郎冠者がすっぱに教えられた囃子物をうたうと,主のきげんも直り,ともに浮れてめでたくしめる。本曲は歌舞伎では,嘉永7 (1854) 年3世桜田治助作詞,杵屋三郎作曲の長唄 (本名題『稚美鳥末広』) ,また 1878年に常磐津 (同『寿末広』) ,80年に一中節『末広』として初演されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すえ‐ひろがり〔すゑ‐〕【末広がり】
末広(すえひろ)1」に同じ。「末広がりの裾野(すその)」「末広がりの八(はち)の字」
末広2」に同じ。「家運が末広がりに開ける」
末広3」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すえひろがり【末広がり】[狂言・歌舞伎舞踊]
狂言。末広がりを買いにいかされた太郎冠者がだまされて傘を求めて帰り、怒った主人囃子(はやし)物を聞かせて機嫌をとる。
歌舞伎舞踊。長唄。本名題「稚美鳥末広(わかみどりすえひろがり)」。3世桜田治助作詞、10世杵屋六左衛門作曲。嘉永7年(1854)江戸中村座初演。囃子物のくだりを中心に舞踊化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すえひろがり【末広がり】
(1)狂言の曲名。脇狂言,果報物。大蔵,和泉両流にある。ある果報者(富豪)が,祝宴来客への進物用に末広がり(扇の一種)を買い求めるため,太郎冠者を都へつかわす。末広がりが何であるかを知らない太郎冠者が,〈末広がり買おう〉と都大路を呼び歩いていると,都のすっぱ(詐欺師)に呼びとめられる。太郎冠者を田舎者と見てとったすっぱは,ことば巧みに太郎冠者をだまし,傘を末広がりといつわって売りつける。高い値で傘を求めて帰った太郎冠者は,主人に厳しく叱責されるが,すっぱが主人の機嫌の悪いときに囃せといって教えてくれた囃し物を思い出し,〈傘をさすなる春日山……〉と拍子おもしろく謡い舞う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すえひろがり【末広がり】
すえひろ(末広)に同じ。 煙は竈から…吹き出し、-に横になぐれて/日本北アルプス縦断記 烏水
扇の異名。すえひろ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

末広がり
すえひろがり
狂言の曲名。脇(わき)狂言、果報物。「末広」と書いても「すえひろがり」と読む。大果報者(だいかほうもの)(大金持ち。シテ)が、供応の引出物(ひきでもの)に末広がり(扇の一種)を進上しようと、太郎冠者(かじゃ)を都へ求めにやる。末広がりとはどういう物か聞いてこなかった冠者は、「末広がり、買おう」と都を呼び歩く。すっぱ(詐欺師(さぎし))が呼び止め、古傘(ふるからかさ)を末広がりだといい、「地紙(じかみ)(よ)う……」などという注文にもうまくあわせ、高価で売りつける。冠者は喜んで帰宅するが、主人はあきれ怒って冠者を追い出す。そこで冠者は、すっぱから教えられた、主人の機嫌を直す囃子物(はやしもの)(リズミカルな謡)を「かさをさすなる春日山(かすがやま)。……げにもさあり、やようがりもそうよの」と謡っているうちに、主人はしだいに浮かれだし、ついに冠者を呼び入れ、シャギリの笛にのってめでたく終曲する。主人が囃子物のリズムに浮き立っていくところに、めでたい和やかな笑いが漂う。脇狂言の代表曲といえる。
 本曲に拠(よ)った邦楽には、通称「末広がり」で知られる長唄(ながうた)(本名題(ほんなだい)『稚美鳥末広(わかみどりすえひろがり)』、3世桜田治助(じすけ)作詞、10世杵屋(きねや)六左衛門作曲、1854年江戸・中村座初演)があり、ほかに、明治前期につくられた常磐津(ときわず)『寿末広(ことぶきすえひろ)』と一中節(いっちゅうぶし)『末広(すえひろ)』などがある。[小林 責]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

末広がり
(別題)
すえひろがり
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
末広狩
初演
安政1.3(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末広がり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

末広がりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.