Rakuten infoseek

辞書

未発【ミハツ】

デジタル大辞泉

み‐はつ【未発】
まだ起こらないこと。まだ外に現れないこと。「事件を未発のうちに察する」
まだ発表・発明・発見されないこと。「未発の新見解」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みはつ【未発 wèi fā】
中国哲学の術語。《庸》の〈喜怒哀楽の未(いま)だ発せざる,これを中と謂(い)い,発してみな節に中(あた)る,これを和と謂う〉にもとづく。中国的心理学によれば,心は外物の刺激を受けると感情や思慮となって動くが,外物が去るとふたたび静かな状態にもどる。この静・動をそれぞれ〈未発〉〈已発(いはつ)〉と呼ぶ。宋代に起こった新儒学(道学)の最大の関心事は,いついかなる時にあっても心の安定を保ち,自己の主体性を維持するにはどうすればよいか,という問題であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みはつ【未発】
まだ現れていないこと。 「 -の病気」
まだ出発していないこと。
まだ発見・発明されていないこと。 「先人-の工夫をこらして/うもれ木 一葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐はつ【未発】
〘名〙
① まだ起こっていないこと。まだ始まらないうちのこと。
※集義和書(1676頃)六「たとへば、同じ水の流なれども、所によりて川の名のかはるが如し。仁・義・礼・智・信は天理未発の中也」
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉四三「凡そ人間社会の悪事を止むるに、之を未発(ミハツ)に注意して予防の策を施すときは」 〔礼記‐中庸〕
② まだ発見、発明していないこと。
※随筆・文会雑記(1782)三「右の老師云、天経或問は精書にて、天学の書には古人の未発の事多し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

未発」の用語解説はコトバンクが提供しています。

未発の関連情報

他サービスで検索

「未発」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.