Rakuten infoseek

辞書

木/樹【キ】

デジタル大辞泉

き【木/樹】
地上部の茎が木質化している植物。樹木(じゅもく)。「―を植える」「―の枝」
建物・器具などの材料として使えるようにした用材。木材。「―の机」
(「柝」とも書く)歌舞伎人形浄瑠璃相撲などで用いる拍子木。開幕・閉幕などの合図に用いる。
[下接語]青木荒木植木埋め木末(うら)木老い木冠(かぶ)木唐(から)木枯れ木草木朽ち木頸(くび)木黒木挿し木下木白(しら)木雑木立ち木垂(たる)木乳切(ちぎ)り木接ぎ木積み木取り木生(なま)木並木生(な)り木庭木鉢の木幅木肘(ひじ)木冬木古木曲げ木丸木瑞(みず)木本(もと)木割り木(ぎ)赤木網代(あじろ)木浮き木受け木腕木埋もれ木枝木雄(お)木押さえ木親木笠(かさ)木形(かた)木堅木鰹(かつお)木雁(がん)木木木経(きょう)木差し木算木軸木締め木正真木心(しん)木滑り木炭木隅木擂粉(すりこ)木添え木杣(そま)木台木千(ち)木付け木爪(つま)木釣り木常磐(ときわ)木年木止まり木止め木苗木流れ木新(にゅう)木鼻木版木板(ばん)木拍子木榾(ほた)木枕(まくら)木股(また)木棟(むな)木雌(め)木横木寄せ木連木若木

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け【木】
木(き)。
「松の―の並(な)みたる見れば家人(いはびと)の我を見送ると立たりしもころ」〈・四三七五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【木】
《「き(木)」の変化》樹木。多く複合語の形で用いられる。「陰」「漏れ日」「の葉」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく【木】
[名・形動]
立ち木。樹木。
年月を経て、ふしくれだった樹木の根や幹。築山などに用いる。「みごとな
材木。転じて、木を材料にしたもの。木製。「の煙草盆」
気のきかないこと。また、そのさまや、そのような人。
「―な野郎だとつもられるもお恥づかしいからね」〈滑・早変胸機関〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく【木】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく【木】
き。樹木。〈和英語林集成
木目。「がいい」
木曜日。「・金・土」
五行(ごぎょう)の第一位。方位では東、季節では春、五星では木星十干では甲(きのえ)・乙(きのと)に配する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく【木】[漢字項目]
ぼく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

五行の一つ。木を象徴とし、の木「甲木」との木「乙木」がある。植物だけではなく、活き活きと動くものすべてを指す。季節では春、方角では東をあらわす。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

き【木 tree】
維管束植物のうち,多年生で,茎頂の活動(伸長生長)が無限に続き,に形成層をもっていて二次(肥大)生長を行うもの。樹,樹木ともいい,植物学では木本植物という。(草本植物)に対応する語。大きさによって高木(喬木(きようぼく))と低木(灌木)に区別することもある。高いものではオーストラリアのユーカリの1種のように130mに達するものがあり,小さいものでは草本と同じような生育形のコケモモヤブコウジのような例がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こ【木】
の交替形
き(木)。多く他の語と複合して用いられる。 -立ち -の葉 -の根の根ばふ宮/古事記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく【木】
名 ・形動ナリ
木。立ち木。樹木。
材木。
気のきかない者。わからずや。ぼくねんじん。 -な野郎だとつもられるもお恥しいからね/滑稽本・早変胸機関

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく【木】
木目。
五行の第一。季節では春、方位では東、色では青、五星では木星に当てる。十干では甲きのえ・乙きのと
七曜の一。「木曜」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔千葉県〕木(き)

木(き)〔流山市
木(き)〔白井市

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

け【木】
〘名〙 木(き)
万葉(8C後)二〇・四三七五「松の気(ケ)の並(な)みたる見れば家人(いはびと)の我を見送ると立たりしもころ」
[補注](1)「書紀‐景行一二年九月」の「これ御木〈木、をば開(ケ)と云ふ〉の川上にあり」、「書紀‐景行一八年七月(北野本訓)」の「筑紫の後国(のちくに)の御木(ミケ)に到りまします」は、地名の一部に用いられている。また、「万葉‐四三四二」には、「麻気婆之良(マケバシラ)(=真木柱)」の形が見える。
(2)「万葉集」の例はともに東国防人の歌であるから、古く「木」を「け」ともいっていたのが、中央では使われなくなり、方言として残ったものかと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【木】
〘名〙 き(木)。多く複合して用いられる。「このしたがくり」「このは」「このま」「このみ」「こがくれ」「こだかし」「こづたい」「こぬれ」など。
[補注]き(木)の交替形で、イ列乙類の音がオ列に転ずる例の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく【木】
〘名〙
① 立ち木。樹木。植木。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「木(ボク)の数はわづかに四五本であらう」
② 年月を経て、ふしくれ立ち、また、曲りくねった古い木の根や幹。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 材木。転じて、木でできているもの。木製。
※歌舞伎・小春穏沖津白浪(小狐礼三)(1864)二幕「手の附きしぼくの煙草盆」
④ 棺材をいう。転じて、ひつぎ。棺。〔礼記‐檀弓下〕
⑤ 中国古代の楽器分類法、八音(はちいん)の一つ。柷(しゅく)・敔(ぎょ)などという木製の楽器。〔周礼‐春官・大師〕
⑥ (形動)(「樸」「朴」とも書く) 素朴で気のきかない人。また、そのさま。多くは、話の通じない人をののしりあざけっていう語。わからずや。まぬけ。唐変木。ぼくねんじん。
滑稽本・早変胸機関(1810)「ボクな野郎だとつもられるもお恥かしいからネ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく【木】
〘名〙
① き。樹木。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)七「衆人、あるいは、杖・木(モク)・瓦・石をもて、これを打擲すれども」
② (多く「杢」と書く) 木目(もくめ)。特に、年輪・繊維の配列や着色の不規則から特殊な紋様を示す木目。根や瘤(こぶ)の部分に多く現われ、工芸的に賞用される。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 五行(ごぎょう)の第一位。季節では春、方位では東、色では青、天体の五星では木星、十干では甲・乙に当てる。
※史記抄(1477)七「木生火ぢゃと云て木と火とを一処に置て御覧ぜよ」
④ 陰陽家のいう七曜あるいは九曜の一つ。また、現在の暦で一週間のうち五番目「木曜」の略。
※森鴎外日記‐明治三一年(1898)「一月六日(木)朝微雪あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木/樹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木/樹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.