Rakuten infoseek

辞書

木質【キダチ】

デジタル大辞泉

き‐だち【木質】
本草学で、茎が丈夫で堅く、その性質が樹木に類する植物。→草質(くさだち)
樹木の、木材としての質。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく‐しつ【木質】
木の性質。木のたち。
木質部」に同じ。
木材に似た性質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きだち【木質】
本草学で、植物の性質が木本あるいはそれに類似するものをさす分類用語。
木の性質。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もくしつ【木質】
木の性質。きじ。
植物の幹の内部の固い部分。木化した細胞から成る。
木材に似た性質。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐だち【木質】
〘名〙
本草学で、植物分類上の用語の一つ。その性質が樹木に類するものの総称
② 木の性質。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もく‐しつ【木質】
〘名〙
① 木材の地質。木のたち。きじ。
※二銭銅貨(1926)〈黒島伝治〉一「黒光りがして、重く如何にも木質(モクシツ)が堅さうだった」
② 幹の内部の堅い部分。
※小学化学書(1874)〈文部省〉一「植物皆其養を炭酸に取り其炭素を以て木質果実及茎葉等を営造すとすれば」
③ 木材に似た性質。
④ 木で造ったもの。また、建造物などの材料としての木材。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「船材中に生ずる小虫が木質を鑽蝕して廊道を成し、漆液を錮して住するを見」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木質の関連情報

他サービスで検索

「木質」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.