Rakuten infoseek

辞書

木本【きのもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木本
きのもと
三重県南部,熊野市の中心市街地。旧町名。七里御浜北端の砂丘上に発達した行政・商業の中心地で,尾鷲とともに東紀州の中心をなす。江戸時代紀州藩代官所がおかれた。現在も国,県の出先機関が集中。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木本
もくほん
arbor; woody plant
植物のうちで,地上茎木部が発達し,かつ木化が進んで年ごとに枯死せず,多年生になるもの。草本に対する語。しばしば肥大生長を行い,年輪形成をみる。茎の特に大きくなるものを高木 (以前は喬木) ,そうでないものを低木 (灌木) という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もく‐ほん【木本】
樹木のこと。木部の発達が著しく、その細胞壁が木化して強固になり、地上茎が多年にわたって生存しつづける植物。高木低木とに分けられる。→草本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きのもと【木本】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

もくほん【木本】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もくほん【木本】
木部が発達した多年生の地上茎をもつ植物。高木と低木とに分ける。 ⇔ 草本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木本
きのもと
三重県南部、熊野市の中心地区。旧木本町で、市役所があり、熊野灘(なだ)沿岸の最大集落。井戸川の河口に発達した古い沿海漁村で、商業中心地でもある。JR紀勢本線熊野市駅は、もと紀伊木本駅であったが、1959年(昭和34)に改称。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もく‐ほん【木本】
〘名〙 茎および根が肥大生長の結果、木部がよく発達し、多年生の地上茎を有する植物。普通、茎の伸長差によって、さらに高木と低木に分ける。木本植物。ぼくほん。⇔草本

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.