Rakuten infoseek

辞書

木挽【こびき】

世界大百科事典 第2版

こびき【木挽】
古く杣(そま)(杣人(そまびと∥そまうど))と呼ばれた人たちは,その後技術的に分化して,その伐材にあたるものを先山(さきやま)といい,造材にかかわるものを木挽というようになる。その分化は江戸時代初期から顕著になったといわれている。先山が組織的な活動が多いのにくらべ,木挽はほとんど単独で就労した。彼らは先山の伐採した材木を玉(たま)に切り,さらに板,垂木(たるき)の角材に仕上げることを仕事とした。のこぎりの改良にともなって盛んとなったのであるが,製材所の機械のこぎりの普及とともに衰微した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

木挽
こびき
大鋸(おが)で原木を挽(ひ)き割り、造材にあたる職人。大鋸挽(ひき)ともいう。木材生産における杣(そま)(伐採)、日用(ひよう)(運材)、木挽(造材)という3職の分化はかなり古くからで、木挽は山林から伐採搬出された原木の造材作業にもっぱらあたってきた。都市の木材商の配下に働く木挽職人もかなりあって、その統制にあたる棟梁(とうりょう)のたぐいもあったが、嵩高(かさだか)の原材運搬に利便の乏しかった旧時は、むしろ伐木原地の山村で造材にあたる木挽が多かった。農家の建築用材調製などの依頼を受けながら転々と滞留の場を変えつつ仕事にあたる「渡り職人」の木挽もあり、また用材特産地には、山中の小屋住まいで木挽に専念する者も多かった。これらの木挽たちは、伐採職人のように特異な仲間組織は一般につくらず、個別仕事が通例であったらしい。「木挽唄(うた)」にはそうした山中孤独の作業生活の素朴な感懐を表現するものが多く、その囃子(はやし)文句にも大鋸の音調によるものがみられる。製材には柱材、桁(けた)材の造出もあったが、板材の「挽出し」がむしろ多く、その用具にも二人挽きの大鋸以下多種多様の鋸(のこぎり)型があって、民具としても注目すべき特徴をもっていた。しかし「動力鋸」による機械製材の導入で、伝統の木挽作業はまったく廃絶した。[竹内利美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐びき【木挽】
[1] 〘名〙
① 樹木を伐採すること。また、材木を大鋸(おが)で挽き割って、角材、板などに製材すること。また、その人。きこり。おがひき。おおがひき。
※山家集(12C後)中「嶺渡(ねわた)しにしるしのさをや立てつらんこびき待ちつる越(こし)の名香(なか)山」
② 木で作ったもの。木製。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「湯もよきほどに沸かへるを、木挽(コビキ)の碗に、汲みならべてさし出せば」
[2] 「こびきちょう(木挽町)(一)」の略。
※浮世草子・男色大鑑(1687)六「木挽(コビキ)草滋林の患」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木挽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木挽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.