Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

木口【こぐち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木口
こぐち
butt end
木材の材軸に直角な断面。根もとに近いほうを元口 (もとくち) ,に近いほうを末口 (すえくち) といい,丸太材では,木口は元口をさすことが多い。末口は元口に比べて細く,円形になっているのが普通。長さ 6m以下の丸太の材積計算には末口の直径を用いる。木口は乾燥するので,木口割れを起しやすく,丸太材では周辺部に星状の干割れができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐ぐち【木口】
材木の種類や品質。木柄。
「―抔(など)は可成(かなり)吟味してあるらしく」〈漱石道草
木材の切り口。横断面。こぐち。
袋物などの口につけた木の取っ手

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ‐ぐち【木口】
木材をに切ったその切断面。また、木材。きぐち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こぐち【木口】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

き‐ぐち【木口】
〘名〙
① 建築用材木の種類、等級。木柄。木品(きしな)。また、材木。
※歌舞伎・梅雨小袖昔八丈(髪結新三)(1873)序幕「木口の仕入に差支へ、〈略〉お貸し申した金も大枚五百両」
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉四七「木口(キグチ)は固(もと)より貸家建の粗末ではあるけれど」
② 材木を横切りにした面。こぐち。
③ 買物用の手さげ袋などの口につけた、木の取っ手。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ‐ぐち【木口】
〘名〙
① 木材の切断面。木の切り口。また、木材の端。きぐち。〔書言字考節用集(1717)〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「松にせよ、欅にせよ、切った木口(コグチ)を御覧なさい」
※滑稽本・客者評判記(1811)中「最うしめたと高慢が出ると、老込の木口(コグチ)、さびれのはじまり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.