Rakuten infoseek

辞書

木下恵介【きのしたけいすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

木下恵介
きのしたけいすけ
[生]1912.12.5. 浜松
[没]1998.12.30. 東京
映画監督,脚本家。浜松工業学校卒業。 1933年松竹蒲田撮影所に入所,カメラマン助手,助監督などを経て,43年『花咲く港』で監督としてデビュー。その風刺喜劇性と抒情性の新鮮さで注目され,第2次世界大戦後も多くのジャンルの作品を常に新しい作風で追求し続けた。社会的主題を写実的に描いた『大曾根家の朝』 (1946) ,『日本の悲劇』 (53) ,昭和の世相を描いた『二十四の瞳』 (54) ,『喜びも悲しみも幾歳月』 (57) ,風刺喜劇『破れ太鼓』 (49) や日本最初の長編色彩映画『カルメン故郷に帰る』 (51) ,抒情的な『野菊の如き君なりき』 (55) ,歌舞伎的様式美の『楢山節考』 (58) などと多彩。 64年からテレビドラマにも進出した。遺作は『』 (88) ,記念となる 50本目は自身が一兵卒として中国に転戦した経験をもとに脚本を執筆,意欲を燃やしていたが未完に終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きのした‐けいすけ【木下恵介】
[1912~1998]映画監督静岡の生まれ。本名、正吉。「花咲く港」で監督デビュー。庶民の生活や情感を温かなまなざしで描いた作品を多く残す。テレビでも情愛あふれたドラマを提供し人気を集めた。代表作は、初の国産カラー作品である「カルメン故郷に帰る」のほか、「二十四の瞳」「野菊の如き君なりき」「喜びも悲しみも幾歳月」など。平成3年(1991)文化功労者

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

木下恵介 きのした-けいすけ
1912-1998 昭和-平成時代の映画監督。
大正元年12月5日生まれ。昭和8年松竹入社。18年「花咲く港」で監督デビュー。26年「カルメン故郷に帰る」で注目され「二十四の瞳」「野菊の如き君なりき」「喜びも悲しみも幾歳月」と連続して話題作をつくり,日本映画の黄金期をきずいたひとり。のちTBSテレビで「木下恵介劇場」などを手がけた。平成3年文化功労者。平成10年12月30日死去。86歳。静岡県出身。浜松工業卒。本名は正吉。
【格言など】バカ正直であれ(処世訓,父のことば)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きのしたけいすけ【木下恵介】
1912(大正1)‐
映画監督。黒沢明とともに戦中にデビューして戦後の日本映画の基礎を築く。浜松市生れ。松竹蒲田撮影所で島津保次郎,次いで吉村公三郎の助監督を経て,1943年,時局風刺の要素を織りこんだ喜劇《花咲く港》で監督となる。同年,東宝では黒沢明が《姿三四郎》でデビューしたが,もっとも優れた新人監督を対象とした山中貞雄賞の選考では,木下,黒沢ともに甲乙つけがたく2人そろって受賞。以来,好敵手とみなされ,実際,お互いの戦後第1作,木下《大曾根家の朝》と,黒沢《わが青春に悔なし》(ともに1946)は,〈戦後の民主的な日本映画の最初の代表作〉(岩崎昶)になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きのしたけいすけ【木下恵介】
1912~1998) 映画監督。静岡県生まれ。本名、正吉。喜劇から社会劇まで幅広い作品の中で日本的抒情を謳い上げた。日本初の長篇カラー映画「カルメン故郷に帰る」のほか、「二十四の瞳」「楢山節考」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

木下恵介
きのしたけいすけ
(1912―1998)
映画監督。静岡県生まれ。浜松工業学校卒業。写真学校を経て1933年(昭和8)松竹に撮影助手として入るが、3年後監督部に移り、おもに島津保次郎(やすじろう)監督についた。助監督時代からよくシナリオを書き、『五人の兄妹』『素裸の家』などが他の監督で映画化された。1943年監督となり菊田一夫(かずお)の舞台劇の映画化『花咲く港』で才走った技巧をみせ、同年秋登場した黒澤明とともに日本映画に新風を吹き込んだ。以来『陸軍』(1944)、『大曽根(おおそね)家の朝』(1946)、『破戒』(1948)、『破れ太鼓』(1949)などを発表、1950年代に入ってますます活発な製作を続けた。著名な原作ものも多いがオリジナル作品も少なくなく、多くは自らシナリオを書き、悲劇も喜劇もよくした。ほとんど2人だけのオール・ロケ映画『女』(1948)、初の国産カラー『カルメン故郷に帰る』(1951)、歌舞伎(かぶき)の手法と色彩心理を導入した『楢山節考(ならやまぶしこう)』(1958)など新しい試みも多い。リアリズムに徹した『日本の悲劇』(1953)もあるが、『二十四の瞳(ひとみ)』(1954)、『野菊の如(ごと)き君なりき』(1955)、『喜びも悲しみも幾歳月(としつき)』(1957)など叙情的作品が主流をなした。テレビでも「木下恵介劇場」「木下恵介アワー」などの長期シリーズで多数のドラマを提供し、心を傷める者へのいたわりの感情をよく描いた。生涯の劇場映画は中編『父』(1988)までの49本。1977年に紫綬褒章(しじゅほうしょう)、1984年に勲四等旭日(きょくじつ)小綬章を受章、1991年(平成3)に文化功労者に選ばれた。[登川直樹]

資料 監督作品一覧

花咲く港(1943)
生きてゐる孫六(1943)
歓呼の町(1944)
陸軍(1944)
大曽根家の朝(1946)
わが恋せし乙女(1946)
結婚(1947)
不死鳥(1947)
女(1948)
肖像(1948)
破戒(1948)
お嬢さん乾杯!(1949)
四谷怪談(1949)
破れ太鼓(1949)
婚約指環(1950)
善魔(1951)
カルメン故郷に帰る(1951)
少年期(1951)
海の花火(1951)
カルメン純情す(1952)
日本の悲劇(1953)
女の園(1954)
二十四の瞳(1954)
遠い雲(1955)
野菊の如き君なりき(1955)
夕やけ雲(1956)
太陽とバラ(1956)
喜びも悲しみも幾歳月(1957)
風前の灯(1957)
楢山節考(1958)
この天の虹(1958)
風花(1959)
惜春鳥(1959)
今日もまたかくてありなん(1959)
春の夢(1960)
笛吹川(1960)
永遠の人(1961)
今年の恋(1962)
二人で歩いた幾春秋(1962)
歌え若人達(1963)
死闘の伝説(1963)
香華 前後篇(1964)
なつかしき笛や太鼓(1967)
スリランカの愛と別れ(1976)
衝動殺人 息子よ(1979)
父よ母よ!(1980)
この子を残して(1983)
新・喜びも悲しみも幾歳月(1986)
父(1988)
『佐藤忠男著『木下恵介の映画』(1984・芳賀書店) ▽三國隆三著『木下恵介伝』(1999・展望社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木下恵介」の用語解説はコトバンクが提供しています。

木下恵介の関連情報

関連キーワード

誘導尋問牧野省三公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕

他サービスで検索

「木下恵介」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.