Rakuten infoseek

辞書

【アサ】

デジタル大辞泉

あさ【朝】
夜が明けてもない時。また、夜明けから正午ごろまでの間。「が来る」「から夜まで」
[補説]気象庁の天気予報等では、午前6時頃から午前9時頃までを指す。→未明明け方
作品名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あした【朝】
夜の明けるころ。あさ。⇔夕べ
「吾を呼び醒ませし―の使は彼なりけるよと」〈蘆花不如帰
次の日の朝。翌朝。
「野分(のわき)の―こそをかしけれ」〈徒然・一九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう〔テウ〕【朝】
あさ。あした。
朝廷。
一人の君主が国を治めている期間。また、ある系統の君主たちの治めていた期間。御代(みよ)。御宇(ぎょう)。「桓武の」「ビクトリア
君主が治めている国。
「―の政をつかさどり」〈平家・二〉
人の集まる所。にぎやかな所。まちなか。
「かだましきも―にあって罪ををかす」〈平家・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【朝】[漢字項目]
[音]チョウ(テウ)(漢) [訓]あさ あした
学習漢字]2年
〈チョウ〉
あさ。「朝食朝夕朝礼一朝元朝(がんちょう)今朝(こんちょう)早朝明朝(みょうちょう)
天子が政治をとる所。「朝議朝臣(ちょうしん)朝廷朝野王朝参朝天朝
宮中に参内して天子にお目にかかる。「朝賀朝見
天子の統治する期間。「明朝(みんちょう)歴朝奈良朝
日本の朝廷、また、日本のこと。「帰朝入朝本朝来朝
「朝鮮」「朝鮮民主主義人民共和国」の略。「日朝・米朝」
〈あさ〉「朝寝朝日朝夕毎朝
[名のり]かた・さ・つと・とき・とも・のり・はじめ
[難読]朝臣(あそん)後朝(きぬぎぬ)今朝(けさ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさ【朝】[書名]
原題、〈イタリアMattino》イタリアの詩人、パリーニ。4部作「一日」の第1作。1763年刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょう【朝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あさ【朝】
夜が明けてからしばらくの間。または、正午までの間。 -が来る -早く起きる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【朝】
あさ。あした。
天子が政治を行う所。朝廷。
天子が統治していること。また、その国。 -の政をつかさどり給ひしより/平家 2
にぎやかな所。市中。 かだましきもの-にあつて罪ををかす/平家 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


あさ
夜明け(太陽の中心が地平線下7度21分40秒のとき。日の出時刻の約35分前。江戸時代の明け六つ)のころからしばらくの間のこと。日最低気温は通常、朝、日の出の直前に観測される。天気予報では、日の出から午前9時ごろまでを朝としている。[平塚和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

朝 (アサ)
学名:Cannabis sativa
植物。クワ科の一年草,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさ【朝】
〘名〙 が明けてからしばらくの間。⇔
万葉(8C後)一四・三四三〇「しだ阿佐(アサ)漕ぐ船はよしなしに漕ぐらめかもよよしこさるらめ」
取(9C末‐10C初)「我朝ごと夕(ゆふ)ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ」
[語誌]古代にあっては夜の終わりの時間をさす「あした」とほぼ同じ意味であるが、単独で使われることは少なく、他の語と複合して使われることが多かった。また、「朝さる・朝漕ぐ・朝立つ」など助詞を介さず動詞と直結する例が多い。夕、、夜に対応し、「あかとき」とも時間的に重なることがあるらしい。日の照る時間は「昼」で別のものであったが、のち「あさ」のさす時間帯もだんだん広がって、あるときは、一昼夜、明、朝、昼、夕、暮、宵、夜に分けての時(おおよそ午前七~九時)をさすといわれたり、また、広く夜が明けてから正午までの午前中の時間をさして使われることもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう テウ【朝】
〘名〙
① 夜が明けて明るくなったころ。あさ。あした。
② 朝廷。廟堂。
※海道記(1223頃)木瀬川より竹の下「朝の重臣として万機の道に線を調き」 〔論語‐郷党〕
③ 一人の君主が統治する間。御代(みよ)。御宇(ぎょう)。また、その君主。「推古の朝」「ロマノフ朝」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
天子の治めている国。君主政治の行なわれている国。
※観智院本三宝絵(984)序「唐にも此朝にも物の心を知人は加久曾(かくそ)(いへ)る」
⑤ 人が集まるところ。にぎやかなところ。まちなか。市朝。
※平家(13C前)六「今の代の民は、が心をもって心とするが故に、かだましきもの朝にあって罪ををかす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・す テウ‥【朝】
〘自サ変〙 ⇒ちょうする(朝)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・する テウ‥【朝】
〘自サ変〙 てう・す 〘自サ変〙
① 朝廷に行き、拝謁する。朝廷に出仕する。参内(さんだい)する。
※玉葉‐文治二年(1186)二月九日「近日才卿無朝、通親等称可弾指
② 朝廷に、みつぎものをする。天子にまみえ、品物を献上する。朝貢する。
※太平記(14C後)四「然らば君王呉越両国を并するのみに非ず、斉・楚・秦・趙も悉く朝(テウ)せずと云事有べからず」
③ 川の水が海に流れ注ぐ。海に流れ入る。朝宗する。
※文華秀麗集(818)下・河陽橋〈仲雄王〉「上承紫宸長拱宿、下送蒼海永朝潮
④ 向かう。向かって行く。また、いたりつく。行きつく。達する。
※空華集(1359‐68頃)三・甲寅歳旦示衆「家家歳旦祝唐堯、寿酒春濃酌幾瓢、自笑山林難俗、瓦甌瀹茗荅年朝
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「大小の煙突、参差として天に朝し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.