Rakuten infoseek

辞書

朝鮮海峡【ちょうせんかいきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝鮮海峡
ちょうせんかいきょう
韓国ではテハン (大韓) 海峡。長崎県対馬朝鮮半島の間の海峡。対馬海峡西水道とも呼び,これに対して対馬と壱岐の間の狭義の対馬海峡を,対馬海峡東水道と呼ぶ。下関と釜山を結ぶ関釜フェリーが通る。 (→対馬海峡 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうせん‐かいきょう〔テウセンカイケフ〕【朝鮮海峡】
朝鮮半島と長崎県対馬(つしま)との間にある海峡。東シナ海日本海とを結ぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうせんかいきょう【朝鮮海峡】
朝鮮半島と日本の対馬の間の国境をなす海峡。韓国側からは大韓海峡,日本側からは対馬海峡の西水道とよぶこともある。最狭部は50kmで,晴れた日には対馬から対岸の釜山,巨済島が肉眼で見える。最深部は210m。古くから朝鮮と日本を結ぶ重要な航路とされ,半島・大陸方面への使節の往来はもちろん,13世紀のモンゴルの日本侵略,16世紀の豊臣秀吉の朝鮮侵略のルートとなった。東シナ海から暖流の対馬海流が北上し,イカ,ブリ,タイなど魚種の豊富な漁場となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうせんかいきょう【朝鮮海峡】
朝鮮半島と日本の対馬つしまとの間にある海峡。日本海と東シナ海を結ぶ。対馬海流が北東に流れ好漁場をなす。対馬海峡西水道。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔長崎県〕朝鮮海峡(ちょうせんかいきょう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

朝鮮海峡
ちょうせんかいきょう
朝鮮半島と対馬(つしま)の間の海峡。韓国(大韓民国)では大韓海峡とよぶ。長さと幅はそれぞれ約200キロメートルであるが、もっとも狭いところで50キロメートルほどになる。最深部は210メートルで、古くから日本と朝鮮半島との間をつなぐ主要海路であった。対馬の北西部の海には海底盆があり、東シナ海と日本海との境界をなす。海底には大陸棚が広がり、階段状となっているが、朝鮮半島側がより傾斜が緩やかである。対馬暖流が北上し、朝鮮半島南部海岸に好漁場をつくり、タラ、タチウオ、カキ、イカ、ノリなどの海産物がとれる。現在、下関(しものせき)と釜山(ふざん)をつなぐ定期航路として関釜フェリー(かんぷふぇりー)が運航されている。[森 聖雨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうせん‐かいきょう テウセンカイケフ【朝鮮海峡】
朝鮮半島と対馬との間にある海峡。東シナ海と日本海とを結ぶ。最狭部は約五〇キロメートル。対馬海峡西水道。大韓海峡。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮海峡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝鮮海峡の関連情報

他サービスで検索

「朝鮮海峡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.