Rakuten infoseek

辞書

朝霧【アサギリ】

デジタル大辞泉

あさ‐ぎり【朝霧】
朝方に立つ霧。 秋》「―や村千軒の市の音/蕪村
[補説]書名別項。→朝霧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさぎり【朝霧】[書名]
永井竜男の短編小説、および同作を表題作とする小説集。作品は、昭和24年(1949)、「文学界」誌に発表、同年の第2回横光利一賞を受賞。作品集は昭和25年(1950)刊行で、ほかに「『あひびき』から」「菊と飛行機」などの作品を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

朝霧
北村薫の連作中編集。1998年刊行。「円紫さんと私」シリーズ第5作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あさぎり【朝霧】
明け方に立つ霧。 ⇔ 夕霧 [季] 秋。 -や村千軒の市の音 /蕪村

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさ‐ぎり【朝霧】
〘名〙
① 朝方に立ちこめる霧。⇔夕霧。《季・秋》
※万葉(8C後)二〇・四三一九「たかまとの秋野の上の安佐疑里(アサギリ)につま呼ぶをしか出で立つらむか」
※太平記(14C後)一七「俄に朝霧(アサギリ)深立隠して、咫尺の内をも見ぬ程なりければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐む テウ‥【朝霧】
〘名〙 朝立つ霧。あさぎり
本朝無題詩(1162‐64頃)五・冬二首〈藤原忠通〉「身惑重城朝霧底、家占邃窟暮雲端」 〔張協‐七命〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝霧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝霧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.