Rakuten infoseek

辞書

朝霧 鏡子【アサギリ キョウコ】

20世紀日本人名事典

朝霧 鏡子
アサギリ キョウコ

昭和・平成期の女優



生年
大正10(1921)年2月19日

没年
平成11(1999)年5月28日

出生地
東京市下谷区竹町(現・台東区)

本名
水谷 小夜子

学歴〔年〕
松竹少女歌劇学校〔昭和9年〕卒

主な受賞名〔年〕
山路ふみ子映画賞(文化財団特別賞 第19回)〔平成7年〕「午後の遺言状

経歴
昭和8年小学卒後、松竹少女歌劇学校に1回生として入る。12年から浅草国際劇場に出演、14年準幹部に昇格し、15年3月退団。同年4月松竹大船に入社、「女人転心」でデビュー。5年連続でブロマイドの売り上げが1位になるほどの人気だった。戦前の軽演劇の人気者・清水金一のシミキン・シリーズ「シミキンの結婚相手」「弥次喜多凸凹道中」「シミキンの探偵王」などの相手役に起用され、それが縁で25年退社して、清水と結婚。以後、フリーで映画に出演。41年夫と死別、芸能界を引退しバーの経営に専念。遊興税導入の際には女性として初めて国会で演説をして話題になった。平成7年38年ぶりに映画「午後の遺言状」に出演。9年には同作品の舞台にも立った。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

朝霧 鏡子
アサギリ キョウコ

職業
女優

本名
水谷 小夜子

生年月日
大正10年 2月19日

出生地
東京市 下谷区竹町(東京都 台東区)

学歴
松竹少女歌劇学校〔昭和9年〕卒

経歴
昭和8年小学卒業後、松竹少女歌劇学校に1回生として入る。12年から浅草国際劇場に出演、14年準幹部に昇格し、15年3月退団。同年4月松竹大船に入社、「女人転心」でデビュー。5年連続でブロマイドの売り上げが1位になるほどの人気だった。戦前の軽演劇の人気者・清水金一のシミキン・シリーズ「シミキンの結婚相手」「弥次喜多凸凹道中」「シミキンの探偵王」などの相手役に起用され、それが縁で25年退社して、清水と結婚。以後、フリーで映画に出演。41年夫と死別、芸能界を引退しバーの経営に専念。遊興税導入の際には女性として初めて国会で演説をして話題になった。平成7年38年ぶりに映画「午後の遺言状」に出演。9年には同作品の舞台にも立った。

受賞
山路ふみ子映画賞(文化財団特別賞 第19回)〔平成7年〕「午後の遺言状」

没年月日
平成11年 5月28日 (1999年)

伝記
浅草のおんな 鈴木 としお 著(発行元 冬青社 ’99発行)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝霧 鏡子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝霧 鏡子の関連情報

他サービスで検索

「朝霧 鏡子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.