Rakuten infoseek

辞書

朝礼【チョウレイ】

デジタル大辞泉

ちょう‐れい〔テウ‐〕【朝礼】
学校や会社などで、始業前に全員が集まってあいさつ・連絡などを行う行事朝会

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうれい【朝礼】
軍,学校,企業など集団としての目的志向の強い組織において,一日の業務開始前に構成員が集合し,人員の確認,指揮者・責任者からの必要事項の伝達,および構成員相互の士気鼓舞などを行う朝の行事。朝会(ちようかい)とも呼ぶ。宗教教団の勤行(ごんぎよう)や組織での点呼などに起源をもつと考えられるが,社会的に広まったのは学校行事としての定着をみてからであろう。日本の場合,個別教授または少人数のグループ方式をとっていた明治初年までの藩校寺子屋では,教授日の登校時に個別の挨拶や敬礼はあったものの統一的な行事としては存在していなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうれい【朝礼】
学校・工場などで、朝の始業前に全員が集まり、挨拶あいさつをかわしたり、連絡・報告をしたりする会。朝会。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐れい テウ‥【朝礼】
〘名〙
① 朝、礼拝すること。朝に行なう儀礼。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)酈陸朱劉叔孫第一三「朝礼が此までではつるぞ」 〔国語‐越語下〕
② 学校や会社などで、始業の前に全員が集合して、あいさつ・連絡などを行なう朝の行事。朝会。
※あさくさの子供(1939)〈長谷健〉三「丁度その時朝礼の鈴がなったのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝礼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝礼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.