Rakuten infoseek

辞書

朝熊小菜(あさまこな)

デジタル大辞泉プラス

朝熊小菜(あさまこな)
三重県伊勢市で生産される葉物野菜アブラナ科野菜。朝熊山麓で古くから栽培されてきた。1630年、奥州から配流された秋田実季が伝えたとの伝承がある。漬物に利用される。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

朝熊小菜[葉茎菜類]
あさまこな
東海地方、三重県の地域ブランド。
伊勢市で生産されている。古くから朝熊山麓の伊勢市四郷地区で栽培されている。厳しい冬の寒さとに打たれ、がやわらかくなる。早春味覚。塩漬けにしたり、正月雑煮にしたりして利用される。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝熊小菜(あさまこな)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝熊小菜(あさまこな)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.