Rakuten infoseek

辞書

朝比奈 隆【アサヒナ タカシ】

20世紀日本人名事典

朝比奈 隆
アサヒナ タカシ

昭和・平成期の指揮者 大阪フィルハーモニー交響楽団音楽総監督・常任指揮者;日本指揮者協会会長;大阪音楽大学名誉教授。



生年
明治41(1908)年7月9日

没年
平成13(2001)年12月29日

出生地
東京・新宿

学歴〔年〕
京都帝国大学法学部〔昭和6年〕卒,京都帝国大学文学部哲学科〔昭和12年〕卒

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和44年〕,モービル音楽賞〔昭和47年〕,NHK放送文化賞〔昭和49年〕,日本芸術院賞(第32回 昭50年度)〔昭和51年〕,西ドイツ大功労十字勲章〔昭和52年〕,朝日賞(昭53年度)〔昭和54年〕,毎日芸術賞(第25回)〔昭和59年〕「ブルックナー連続演奏会により」,ザ・シンフォニーホール国際音楽賞(クリスタル賞 第1回)〔昭和61年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和62年〕,キワニス大阪賞(第2回)〔昭和62年〕,関西大賞(大指揮者賞 第4回)〔平成1年〕,飛驒古川音楽大賞(創設記念賞 第1回)〔平成1年〕,文化功労者〔平成1年〕,オーストリア芸術功労一等十字勲章〔平成1年〕,文化勲章〔平成6年〕,神戸市名誉市民〔平成6年〕

経歴
京大法学部に入学後、京大交響楽団を指導していたロシア人音楽家、エマヌエル・メッテルに師事。卒業後、阪神急行(現・阪急電鉄)に2年勤務。のち京大文学部に学士入学、クロイツァー、ローゼンストックに師事。昭和11年大阪音楽学校(のち大阪音楽大学)管弦楽団を指揮、15年新交響楽団(現・NHK交響楽団)を指揮して本格的にデビュー。18年中国に渡り、上海、ハルビンで活動、上海交響楽団などを指揮。21年引揚げ、22年大阪フィルハーモニー交響楽団の前身、関西交響楽団を結成、常任指揮者をつとめる。35年同団解散後、大阪フィルを結成して常任指揮者・総監督に。以来、一貫して大阪フィルと歩んだ。60年からは大阪のザ・シンフォニーホールを拠点に集大成ともいえるシリーズ企画を開始。ベートーベン・チクルス(交響曲全曲演奏)をはじめ、得意とするブラームス、チャイコフスキーなどの作品を次々と手掛け、造形的な構成力と重厚な指揮で強烈な個性を発揮した。年末の風物詩となったベートーベン「第九」指揮回数は世界最多の251回。ベートーベン交響曲全集を6回、ブラームス交響曲全集、ブルックナー交響曲全集をそれぞれ3回ずつ録音するなど、ドイツ音楽の伝統を守る最後の指揮者の一人だった。50年度芸術院賞など受賞多数。平成元年文化功労者に選ばれ、6年文化勲章を受章。著書に「朝比奈隆ベートーヴェンの交響曲を語る」「朝比奈隆 交響曲の世界」「朝比奈隆音楽談義」がある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

朝比奈 隆
アサヒナ タカシ

職業
指揮者

肩書
大阪フィルハーモニー交響楽団音楽総監督・常任指揮者,日本指揮者協会会長,大阪音楽大学名誉教授

生年月日
明治41年 7月9日

出生地
東京・新宿

学歴
京都帝国大学法学部〔昭和6年〕卒,京都帝国大学文学部哲学科〔昭和12年〕卒

経歴
京大法学部に入学後、京大交響楽団を指導していたロシア人音楽家、エマヌエル・メッテルに師事。卒業後、阪神急行(阪急電鉄)に2年勤務。のち京大文学部に学士入学、クロイツァー、ローゼンストックに師事。昭和11年大阪音楽学校(大阪音楽大学)管弦楽団を指揮、15年新交響楽団(NHK交響楽団)を指揮して本格的にデビュー。18年中国に渡り、上海、ハルビンで活動、上海交響楽団などを指揮。21年引揚げ、22年大阪フィルハーモニー交響楽団の前身、関西交響楽団を結成、常任指揮者をつとめる。35年同団解散後、大阪フィルを結成して常任指揮者・総監督に。以来、一貫して大阪フィルと歩んだ。60年からは大阪のザ・シンフォニーホールを拠点に集大成ともいえるシリーズ企画を開始。ベートーベン・チクルス(交響曲全曲演奏)をはじめ、得意とするブラームス、チャイコフスキーなどの作品を次々と手掛け、造形的な構成力と重厚な指揮で強烈な個性を発揮した。年末の風物詩となったベートーベン「第九」指揮回数は世界最多の251回。ベートーベン交響曲全集を6回、ブラームス交響曲全集、ブルックナー交響曲全集をそれぞれ3回ずつ録音するなど、ドイツ音楽の伝統を守る最後の指揮者の一人だった。50年度芸術院賞など受賞多数。平成元年文化功労者に選ばれ、6年文化勲章を受章。著書に「朝比奈隆ベートーヴェンの交響曲を語る」「朝比奈隆 交響曲の世界」「朝比奈隆音楽談義」がある。

所属団体
日本指揮者協会,日本ブルックナー協会

受賞
日本芸術院賞(第32回 昭50年度)〔昭和51年〕,文化功労者〔平成1年〕 紫綬褒章〔昭和44年〕,西ドイツ大功労十字勲章〔昭和52年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和62年〕,オーストリア芸術功労一等十字勲章〔平成1年〕,文化勲章〔平成6年〕 モービル音楽賞〔昭和47年〕,NHK放送文化賞〔昭和49年〕,朝日賞(昭53年度)〔昭和54年〕,毎日芸術賞(第25回)〔昭和59年〕「ブルックナー連続演奏会により」,ザ・シンフォニーホール国際音楽賞(クリスタル賞 第1回)〔昭和61年〕,キワニス大阪賞(第2回)〔昭和62年〕,関西大賞(大指揮者賞 第4回)〔平成1年〕,飛騨古川音楽大賞(創設記念賞 第1回)〔平成1年〕,神戸市名誉市民〔平成6年〕

没年月日
平成13年 12月29日 (2001年)

家族
長男=朝比奈 千足(指揮者)

伝記
オーケストラ、それは我なり―朝比奈隆 四つの試練朝比奈隆 すべては「交響楽」のために指揮者・朝比奈隆朝比奈隆―長生きこそ、最高の芸術王道楽土の交響楽―満洲―知られざる音楽史朝比奈隆―80代の軌跡 1988〜1996朝比奈隆のすべて―指揮生活60年の軌跡ミューズは大阪弁でやって来た技と芸に生きる―プロフェッショナルの軌跡 中丸 美繪 著岩野 裕一 著宇野 功芳 著木之下 晃 写真・文,岩野 裕一 構成岩野 裕一 著木之下 晃 写真,岩野 裕一 文朝比奈 隆 ほか著奥村 武司 著日鉄商事経営企画室 編(発行元 文芸春秋春秋社河出書房新社新潮社音楽之友社音楽之友社芸術現代社東方出版ダイヤモンド社 ’08’08’02’02’99’96’95’91’86発行)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

朝比奈 隆 (あさひな たかし)
生年月日:1908年7月9日
昭和時代;平成時代の指揮者。大阪フィルハーモニー交響楽団音楽総監督・常任指揮者;日本指揮者協会会長
2001年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝比奈 隆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝比奈 隆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.