Rakuten infoseek

辞書

朝日【あさひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝日
あさひ
北海道中北部,士別市東部の旧町域。天塩川の上流域にあり,域内は北見山地の山岳で占められる。 1962年町制。 2005年士別市と合体。天塩川沿いに農耕地が開け,米作と林業が主産業。天塩川をせき止めた多目的ダム,岩尾内ダムの人造湖,岩尾内湖天然林に囲まれた行楽地。天塩岳 (1558m) 北西麓一帯は天塩岳道立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
あさひ
福井県中北部,越前町部の旧町域。武生盆地の北西部と丹生山地の一角を占める。 1946年町制施行。 1955年糸生村と合体。 2005年宮崎村,越前町,織田町と合体して越前町となる。地名は仏像開眼に際し朝日のような光を発したという伝承による。天王川の武生盆地への出口に中心地区の西田中がある。機業がおもな産業。中心近くの段丘に朝日山古墳群があり,公園として整備されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
あさひ
山形県西部,鶴岡市南東部の旧村域。赤川上流域,朝日山地の山あいにある。南西部は新潟県に接する。 1954年大泉村,本郷村,東村が合体し朝日村が成立。 2005年鶴岡市,藤島町,羽黒町,櫛引町,温海町の1市4町と合体して鶴岡市となった。域内を北流する大鳥川,梵字川 (ぼんじがわ) は朝日山地の残雪を溶かして流れる急流河川で,多目的ダムの荒沢ダム,八久和ダムが建設され,発電所が点在する。北部の河川合流地域で米作が行なわれ,田麦俣 (たむぎまた) ,大網などの丘陵地帯では林産物の栽培が行なわれる。六十里越街道沿いの大網などは湯殿山参詣の基地。田麦俣も行者宿のあったところで,雪が多く,多層民家がみられる。南部は磐梯朝日国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
あさひ
新潟県北部,村上市の中・東部を占める旧村域。朝日山地の南西部に位置する。1954年館腰村,三面村 ,高根村,猿沢村,塩野町村の 5村が合体して朝日村が発足。2008年村上市,荒川町,山北町,神林村の 4市町村と合体して村上市となった。朝日山地と三面川の形成する三面盆地からなる。中世上杉氏の時代には越後黄金山といわれた高根金山が栄え,三面川の支流高根川上流には狸掘りの跡が残っている。農林業,木工業が主産業。三面川上流は電源開発が進み,観光地となっている。一部が磐梯朝日国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
あさひ
岐阜県北部,高山市南東部の旧村域。乗鞍岳西斜面にある。 1889年村制。 2005年高山市に編入。山地斜面を利用した畜産高冷地野菜の栽培が行なわれる。近くに朝日ダムがある。一部は中部山岳国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あさ‐ひ【朝日/×旭】
朝、東から昇る太陽。また、その光。「―が昇る」「―が差し込む」
・リンゴ・ナシの一品種

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐じつ〔テウ‐〕【朝日】
あさひ。旭日(きょくじつ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

あさひ【朝日】
鹿児島の黒糖焼酎サンゴ礁石灰層から湧く硬水白麹を用いて甕で仕込む。常圧蒸留のあと、2~3年貯蔵熟成させ瓶詰する。原料は黒糖、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「朝日酒造」は大正5年(1916)創業。所在地は大島郡喜界町大字湾。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

朝日
米の品種のひとつ。明治期に京都府の農業、山本新次郎氏が「日ノ出」より選抜育成、「朝日」と命名したが、同名の品種が丹波地方ですでに育成されていたことから、京都府農業試験場が1911年に「旭」(「京都旭」とも)と改名。その後大正期に岡山県で品種改良が行なわれ、1924年同県の奨励品種となる。当時すでに「旭」の名称で栽培されていた品種があったため、混同を避けるため再び「朝日」と命名、現在に至る。岡山県を代表する銘柄米として知られる。「朝日米」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
鹿児島県、朝日酒造株式会社が製造する黒糖焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
新潟県村上市にある道の駅。国道7号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
日本海軍の戦艦。敷島型戦艦の2番艦。前弩級戦艦。イギリスで建造され、1900年7月に竣工、同年10月に横須賀に到着。日露戦争、第一次世界大戦では主力艦として活躍。第二次世界大戦では工作艦となる。1942年、南シナ海でアメリカの潜水艦雷撃により沈没

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日
大蔵省専売局が1904年に発売した国産の紙巻たばこ。日露戦争の戦費調達を目的として1904年に施行された煙草専売法のもとで発売された最初の口付たばこ4銘柄のひとつ。4銘柄中2番目に安い。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あさひ【朝日】
山形県中央部、西村山郡の町。最上川河畔にあり、磐梯朝日国立公園に属す。朝日温泉がある。
富山県北東端、下新川郡の町。新潟県と接し、北陸街道の旧宿場町。
三重県北部、三重郡の町。四日市と桑名の間に位置。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょうじつ【朝日】
あさひ。朝陽。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔千葉県〕朝日(あさひ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔和歌山県〕朝日(あさひ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔埼玉県〕朝日(あさひ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔愛知県〕朝日(あさひ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔新潟県〕朝日(あさひ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔滋賀県〕朝日(あさひ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔福井県〕朝日(あさひ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさな‐けに【朝日】
〘副〙 朝に昼に。いつも。毎日。あさにけに。
※古今(905‐914)離別・三七六「あさなけにみべききみとし頼まねば思ひ立ちぬる草枕なり〈〉」
[補注]「万葉集」に見える「あさにけに(朝爾日爾、朝爾食爾)」の転じたものか。「万葉集」ではすべて「あさにけに」である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさに‐けに【朝日】
〘副〙 朝ごと日ごとに。朝に昼に。あさなけに。
※万葉(8C後)三・三七七「青山の嶺の白雲朝爾食爾(あさニけニ)常に見れどもめづらしあが君」
[語誌]「け」は「か(日)」の変化した形で乙類。「日に(け)に」「月に異(け)に」の「け」は甲類で、語源や意味も別と考えられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさに‐ひに【朝日】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐じつ テウ‥【朝日】
〘名〙 あさひ朝陽
※三教指帰(797頃)中「恃草上露、忘朝日至」 〔蔡邕‐協初賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝日の関連情報

他サービスで検索

「朝日」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.