Rakuten infoseek

辞書

朝寝坊 むらく(8代目)【アサネボウ ムラク】

新撰 芸能人物事典 明治~平成

朝寝坊 むらく(8代目)
アサネボウ ムラク

職業
落語家

本名
籾山 藤作

生年月日
明治15年 6月19日

出生地
愛知県

経歴
少年期に父に反抗して上京。明治28年3代目柳家小さん門で小里ん、4代目春風亭柳枝門に移って枝女好、千枝を経て、39年頃柳昇と改名。一時小柳枝、柳生を名乗るが、明治末から大正初期に大阪へ移籍。大正9年11月花川戸東橋亭で8代目むらくを襲名した。「らくだ」「替り目」など酒のみの噺を得意とし人気を得たが、晩年は不遇のうちに没した。

没年月日
昭和6年 1月1日 (1931年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝寝坊 むらく(8代目)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝寝坊 むらく(8代目)の関連情報

他サービスで検索

「朝寝坊 むらく(8代目)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.