Rakuten infoseek

辞書

朝寝坊 むらく(6代目)【アサネボウ ムラク】

新撰 芸能人物事典 明治~平成

朝寝坊 むらく(6代目)
アサネボウ ムラク

職業
落語家

本名
志摩 太郎

旧名・旧姓
永瀬 徳久

別名
前名=三遊亭 円喬,露の 五郎兵衛,三遊亭 円寿,三遊亭 円相,全亭 武生

生年月日
安政6年

経歴
明治10年代、東京において本名・永瀬徳久で盛んに政談演説会を開く。明治17年の後半に三遊亭円喬を名乗って落語家として長崎に、22年頃には京都に現れた。23年露の五郎兵衛、24年三遊亭円寿に改名。漢語が混じった演説口調で円朝ものの人情噺を演じたという。25年東京へ出て徳久の名で高座へ上がったが、26年3月音曲師の立花家橘之助と名古屋へ駆け落ちし、8月大阪で三遊亭円相を名乗った。28年東京へ戻って全亭武生に改名、31年4代目三遊亭円生の斡旋により6代目朝寝坊むらくを襲名した。

没年月日
明治40年 1月6日 (1907年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝寝坊 むらく(6代目)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝寝坊 むらく(6代目)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.