Rakuten infoseek

辞書

朝倉義景【あさくらよしかげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朝倉義景
あさくらよしかげ
[生]天文2(1533).越前
[没]天正1(1573).8.20. 越前
戦国大名。孝景の子。初め孫次郎延景と称し,天文 21 (1552) 年将軍足利義輝の偏諱を得て義景。同 17年父の死により跡を継ぎ一乗谷城主。加賀,能登,越前の一向一揆と戦ったが,義輝の命によりこれと和し越前を平定。永禄9 (66) 年,彼を頼った足利義昭を迎えることができなかったことから,以後織田信長を頼った義昭と対立。義昭は同 11年上洛,将軍職についたが,義景は信長とも対立し,元亀1 (70) 年には浅井氏と連合して,姉川織田,徳川連合軍と戦ったが大敗を喫し (→姉川の戦い ) ,さらに天正1 (73) 年,信長の攻撃を受け,居城一乗谷に火を放ち,越前大野で自刃。義景は歌を二条浄光院に学び,また京風文化を一乗谷に移し,ここを小京都たらしめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あさくら‐よしかげ【朝倉義景】
[1533~1573]戦国時代の武将。元亀元年(1570)浅井氏とともに、近江(おうみ)姉川で織田信長と戦って敗れ、のち、居城一乗谷で自刃。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

朝倉義景 あさくら-よしかげ
1533-1573 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)2年9月24日生まれ。朝倉孝景(たかかげ)(孫次郎)の子。越前(えちぜん)(福井県)守護。本願寺と和解し,浅井長政とむすんで織田信長に対抗したが,姉川の戦いに敗れ,天正(てんしょう)元年8月20日自害し,朝倉氏はほろんだ。41歳。初名は延景。通称は孫次郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あさくらよしかげ【朝倉義景】
1533‐73(天文2‐天正1)
越前の戦国大名。孝景の子,母は隣国若狭武田氏の娘。1548年父孝景の死により16歳で領国支配を受け継ぐ。はじめ孫次郎延景,52年,将軍足利義輝の偏諱(へんき)を受け左衛門督義景と名のる。当初,越後上杉謙信攻守同盟を結び,加賀一向一揆の挟撃をもくろみ,何度も加賀に出陣。65年(永禄8)将軍義輝が松永久秀に殺されると,弟の義昭を一乗谷に迎え入れ,松永と対抗。しかし義昭を奉じて上洛する意志がないため,68年,義昭は織田信長とともに上洛。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あさくらよしかげ【朝倉義景】
1533~1573 戦国大名。孝景たかかげの子。初名延景。織田信長としばしば交戦、姉川の戦いで大敗。のち信長に一乗谷を攻撃されて自殺し、朝倉氏は滅亡した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

朝倉義景
あさくらよしかげ
(1533―1573)
戦国大名。初め延景(のぶかげ)。1552年(天文21)将軍義藤(後の義輝(よしてる))の諱(いみな)を受け義景と改める。1555年加賀に出兵したのをはじめ、しばしば加賀一向一揆(いっこういっき)と戦うも勝負を決せず。1565年(永禄8)、足利(あしかが)義輝が松永久秀(ひさひで)に殺されると、その弟義秋(元服して義昭(よしあき))を一乗谷(いちじょうだに)に迎えたが、彼を奉じて上洛(じょうらく)することなく、かえって、1568年義昭を擁して上洛した織田信長の攻撃にさらされる。以後浅井長政(ながまさ)、武田信玄(しんげん)、本願寺などと同盟を結び、1570年(元亀1)から1573年(天正1)までの4年間、姉川の戦いをはじめ、よく信長と戦うが、天正(てんしょう)元年8月刀祢(とね)坂(福井県敦賀(つるが)市刀根(とね))の戦いに敗れ、同20日越前(えちぜん)大野で自刃した。
 信長との対決以前よく領国を統治し、1562年(永禄5)城下で曲水(きょくすい)宴を催し、また義昭を迎えて詩歌の宴を張るなど文化的活動も顕著で、自身も詩歌、画、禅に通じていたが、戦国争乱の激化するなかで新たな領国政策を展開できないまま、守旧的な姿勢のなかに滅亡した。福井市心月(しんげつ)寺に残る画像(国指定重要文化財)は、政治家、武将としてのたくましさよりも、繊細な面もちを伝えている。[水藤 真]
『水藤真著『朝倉義景』(1981・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

朝倉義景 (あさくらよしかげ)
生年月日:1533年9月24日
戦国時代の越前の大名
1573年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさくら‐よしかげ【朝倉義景】
戦国大名。朝倉孝景(一)の子。越前一乗谷城主。法名松雲院大球宗光。浅井長政と結んで織田信長に対抗したが、姉川の戦いで大敗。のち、信長に一乗谷を攻め落とされ、自刃した。天文二~天正元年(一五三三‐七三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

朝倉義景
あさくらよしかげ
1533〜73
戦国時代の武将
孝景 (たかかげ) の子。越前国を領有する戦国大名。一向一揆と戦い,のち和す。足利義昭 (よしあき) は一時義景に頼ったが,のち織田信長のもとに去る。1570年浅井氏と結んで織田・徳川連合軍と姉川で対戦して敗れ,'73年一乗谷で自刃した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝倉義景」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝倉義景の関連情報

関連キーワード

インカ月舟寿桂阿佐井野宗瑞カルバンピサロ(Francisco Pizarro)ラブレーキリシタン関係主要人名総合年表(アメリカ)アリオスト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.