Rakuten infoseek

辞書

朝の読書【あさのどくしょ】

図書館情報学用語辞典

朝の読書
学校において毎朝始業前10分程度の時間を利用して,全校の児童生徒と教師が一斉に自分の好きな本を読むという読書推進活動.児童・生徒の豊かな心を育むことを目的として1988(昭和63)年船橋学園女子高校(現・東葉高校)の林公が提唱し,大塚笑子とともにその基礎を築く.1997(平成9)年に朝の読書推進協議会が発足して以降,全国の小中高校へ急速に普及し,2012(平成24)年9月現在全国の7割を超える学校で実施され,各教科の授業時の集中力の向上や,学級情緒の安定などさまざまな教育的効果が報告されている.朝の読書の4原則は「みんなでやる,毎日やる,好きな本でよい,ただ読むだけ」であり,感想文や記録は求めない.「あさどく」「朝読書」とも呼ばれる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝の読書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朝の読書の関連情報

他サービスで検索

「朝の読書」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.