Rakuten infoseek

辞書

望蜀【ボウショク】

デジタル大辞泉

ぼう‐しょく〔バウ‐〕【望×蜀】
《「後漢書」岑彭伝の「人足るを知らざるを苦しみ、既に(ろう)を平らげて、復(ま)たを望む」から》一つの望みがかなうと、さらにその先を望むこと。人間の欲望には限りがなく、満足を知らないことのたとえ。隴を得て蜀を望む。「望蜀の嘆」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼうしょく【望蜀】
後漢の光武帝が隴ろうの国を平定したのち、さらに蜀の国をも望んだという後漢書岑彭伝の故事から
一つの望みをかなえてさらに次の望みをもつこと。 -の嘆隴を得て蜀を望む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐しょく バウ‥【望蜀】
〘名〙 (「後漢書‐岑彭伝」の「人苦足、既平隴復望蜀」による語。すでに隴(ろう)の国を得てまた蜀の国を望む意から) 一つの望みをとげ、さらにその上を望むこと。足ることを知らないこと。「望蜀の嘆」 〔音訓新聞字引(1876)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

望蜀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

望蜀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.