Rakuten infoseek

辞書

【フク】

デジタル大辞泉

ふく【服】
[名]からだに着るもの。着物。衣服。特に、洋服。「木綿の」「を着る」
[接尾]助数詞。上に来る語によっては「ぷく」となる。
粉薬などの包みを数えるのに用いる。「薬二
茶・タバコなどを飲む回数をかぞえるのに用いる。「タバコを一吸う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふく【服】[漢字項目]
[音]フク(漢) ブク(呉)
学習漢字]3年
〈フク〉
身につけるもの。着物。「服装衣服元服私服制服粗服被服平服法服喪服洋服礼服和服
身につける。体や心に受け入れる。「服毒服用服膺(ふくよう)着服頓服(とんぷく)内服
つき従う。「服従畏服(いふく)感服帰服屈服敬服降服克服承服心服征服叛服(はんぷく)不服
つとめにつく。従事する。「服役服務服喪(ふくも)
〈ブク〉喪にこもる。「服忌(ぶっき)忌服除服(じょぶく)
[名のり]こと・はとり・もと・ゆき・よ
[難読]服部(はとり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶく【服】
喪服。喪衣(もぎぬ)。服衣(ぶくえ)。
「―などはあからさまに出でて着給へかし」〈宇津保・あて宮〉
喪に服すこと。また、その期間。喪。服喪。
「御―、母方は三月(みつき)こそはとて」〈紅葉賀

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぷく【服】
[接尾]ふく(服)」に同じ。「一清涼剤

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶく【服】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふく【服】
[2] ( 名 )
身につける衣類。ころも。 「 -を着る」 「 -を脱ぐ」
(和服を「着物」というのに対して)洋服のこと。 「仕立てのいい-」
( 接尾 )
助数詞。上にくる語によって「ぷく」となる。
粉薬などの包みを数えるのに用いる。 「食後に一-ずつ服用する」
タバコ・茶などをのむ回数を数えるのに用いる。 「一-のむ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶく【服】
喪に服すること。また、その期間。喪。 「故殿の御-のころ、六月つごもりの日/枕草子 161
喪服もふく。 「更衣の-にてまゐれりけるをみ給ひて/新古今 哀傷詞

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぷく【服】
( 接尾 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふく【服】
[1] 〘名〙
① ころも。着物。衣服。
※続日本紀‐神亀五年(728)正月甲寅「於是高斉徳等八人並授正六位上。賜当色服
※今昔(1120頃か)五「草を以て服とし、菓を拾て食とせり」 〔春秋左伝‐僖公二四年〕
② (和服を着物というのに対していう) 「ようふく(洋服)」の略。
※妹と背かゞみ(1886)〈坪内逍遙〉一六「今日は御出勤になりますか。服をだしませうか」
[2] 〘接尾〙 (「服」は飲む意。上にくる語によって「ぷく」となる)
① 茶・薬・煙草などの、飲む回数を数えるのに用いる語。
※太平記(14C後)三六「道誉又我宿所に七所を粧(かざっ)て、七番菜(さい)を調へ、七百種の課物(かけもの)を積み、七十服の本非の茶を呑べき由を申て」
② 粉薬の一包みなど、一回で飲む量を単位としていう語。→一服(いっぷく)。〔庾信‐燕歌〕
[補注]「服」の音は古く「ぶく」で、喪服あるいは喪に服することについては、後世でも「ぶく」と慣用される。→ぶく(服)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶく【服】
〘名〙
喪中の人が着るきもの。もぎぬ。喪服。服衣(ぶくえ)
※続日本紀‐天応元年(781)一二月丁未「太上天皇崩。〈略〉冝天下著服六月乃釈
② 喪にこもること。また、その期間。喪中。服喪。
※続日本紀‐宝亀元年(770)八月乙未「天下挙哀。服限一年
※貫之集(945頃)九「諒闇のあひだにははのぶくになりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふく‐・す【服】
[1] 〘自他サ変〙 ⇒ふくする(服)
[2] 〘自サ五(四)〙 ((一)から転じたもの) 従う。服従する。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「扨其次の議論の如きは、僕ア決して服(フク)さないヨ」
[3] 〘他サ五(四)〙 ((一)から転じたもの) 薬や茶などを飲む。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「きつけぐすりを取いだし〈略〉両人にふくさするに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶく‐・す【服】
〘自他サ変〙 ⇒ふくする(服)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふく‐・する【服】
[1] 〘自サ変〙 ふく・す 〘自サ変〙
① あきらめて、または得心して従う。服従する。承服する。心服する。
※平治(1220頃か)中「千万の傍敵ありといふとも、おのづから服せしむべし」
② ある仕事につく。従事する。
※民法(明治二九年)(1896)六二三条「雇傭は当事者の一方が相手方に対して労務に服することを約し」
③ (「ぶくする」とも) 喪(も)にこもる。喪に服する。
※赤染衛門集(11C中)「娘のなくなりたりしふくすとて」
④ おびる。持っている。
※咄本・喜美賀楽寿(1777)せんだん「まづと、御熱もふくしております。悪寒はござりませんか」
[2] 〘他サ変〙 ふく・す 〘他サ変〙
① したがわせる。屈伏させる。服従させる。
※史記抄(1477)七「況や始皇は威を以て天下を服したほどに」
② 身につける。着る。
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「先王の法服にあらざれば服せずと」
③ (「ぶくする」とも) 茶、薬などを飲む。服用する。また、物を食う。
※源氏(1001‐14頃)帚木「極熱(ごくねち)の草薬をふくして、いとくさきによりなむ」
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「あやまりて毒薬を服(ブク)せり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

服の関連情報

他サービスで検索

「服」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.