Rakuten infoseek

辞書

服部南郭【はっとり なんかく】

美術人名辞典

服部南郭
江戸中期の儒者京都生。名は元喬、は子遷、別号に芙蓉館、通称を小右衛門。詩文に長じ『南郭集』は初編より四編に至り四十巻世に行われた。また絵画に巧みで、感化により和歌をも能くした。著書に『大東世語』『灯下書』『儀礼図抄』『十八史略』等。宝暦9年(1759)歿、77才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

はっとり‐なんかく〔‐ナンクワク〕【服部南郭】
[1683~1759]江戸中期の儒学者・漢詩人。京都の人。名は元喬(もとたか)。古文辞派の代表詩人荻生徂徠(おぎゅうそらい)門下で、太宰春台(だざいしゅんだい)と並び称される。「南郭文集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

服部南郭 はっとり-なんかく
1683-1759 江戸時代中期の儒者,漢詩人。
天和(てんな)3年9月24日生まれ。江戸で柳沢吉保に歌人としてつかえ,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。吉保後,私塾をひらく。経世論の太宰春台(だざい-しゅんだい)に対して詩文の南郭として徂徠門下双璧といわれた。享保(きょうほう)9年「唐詩選」を校訂出版,唐詩流行のきっかけをつくった。宝暦9年6月21日死去。77歳。京都出身。名は元喬。字(あざな)は子遷。通称は小右衛門。別号に芙蕖(ふきょ)館。著作に「大東世語」「南郭先生文集」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はっとりなんかく【服部南郭】
1683‐1759(天和3‐宝暦9)
江戸中期の漢詩人。名は元喬,字は子遷。南郭は号。京都の町家に生まれ,幼少のときから和歌をたしなんだ。早く江戸に出て,5代将軍徳川綱吉の寵臣柳沢吉保に歌人として抱えられた。1711年(正徳1)ごろ柳沢家の儒臣荻生徂徠に入門して,漢詩文に転じた。1718年(享保3)柳沢家を退き,以後は終生野にあって詩文をもっぱらとする生涯を送った。それまで儒学の支配下にあった漢詩を文学として解放するのに功績があり,またその生き方は,江戸中期の知識人たちの,現実を離れて芸術・趣味の世界に遊ぼうとする,いわゆる文人意識の典型をなすものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はっとりなんかく【服部南郭】
1683~1759 江戸中期の儒者・詩人。京都の人。初め和歌と画で柳沢吉保に仕え、のち荻生徂徠に入門し擬古主義的漢詩文をよくした。著「南郭文集」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

服部南郭
はっとりなんかく
[生]天和3(1683).9.24. 京都
[没]宝暦9(1759).6.21. 江戸
江戸時代中期の儒学者,詩人。名は元喬,字は子遷,通称は小右衛門。南郭または芙きょ館と号した。 14歳で江戸へ下り,歌と画をもって柳沢吉保に仕えた。のち職を辞し,塾を開いて教授。荻生徂徠門下で,経学の太宰春台とともに,詩文派の代表として双璧をなし,温厚な人柄と,詩人的天分の豊かさによって,門人は遠く山陽,九州からも集った。著書に『南郭文集』 (1727) ,『唐詩選国字解』 (50) ,『大東世語』 (50) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

服部南郭
はっとりなんかく
(1683―1759)
江戸中期の漢詩人。名は元喬(もとたか)。字(あざな)は子遷。南郭はその号。京都の商家に生まれ、少年時代に江戸へ下った。初め和歌を学び、18歳のころ柳沢吉保(よしやす)に歌人として召し抱えられたが、すでに吉保に仕えていた儒学者荻生徂徠(おぎゅうそらい)を知り、入門するに及んで漢学に転向した。1718年(享保3)柳沢家を去って終生自由な境涯で詩作にふけり、享保(きょうほう)~宝暦(ほうれき)期(1716~64)漢詩壇の指導的立場にあった。徂徠と異なり政治的関心を抱かず、文学、芸術を通じて自我や個性を伸ばす生き方を追求し、祇園南海(ぎおんなんかい)、柳沢淇園(きえん)らとともに文人意識の確立者とされる。『唐詩選』を初めて校訂出版したことでも名高い。詩文は『南郭先生文集』に収められる。[日野龍夫]
『頼惟勤校注『日本思想大系37 徂徠学派』(1972・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

服部南郭 (はっとりなんかく)
生年月日:1683年9月24日
江戸時代中期の古文辞学派の儒者;文人
1759年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっとり‐なんかく【服部南郭】
江戸中期の儒者、詩人。京都の人。名は元喬、字は子遷。通称小右衛門。初め柳沢吉保に和歌をもって仕え、荻生徂徠に漢学を学び、のち家塾を開いて子弟を教授。徂徠門では経学の太宰春台と並んで、詩文を代表する存在。盛唐詩を鼓吹し、その校定した「唐詩選」は、以後江戸期を通じてよく読まれた。老荘思想にも関心深く「郭注荘子」を校訂刊行。著に「大東世語」「南郭先生文集」など。天和三~宝暦九年(一六八三‐一七五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

服部南郭
はっとりなんかく
1683〜1759
江戸中期の儒学者・漢学者・詩人
京都の人。荻生徂徠 (おぎゆうそらい) の門に入り,古文辞学を修めた。詩文にも長じ,著書に『唐詩選諺解 (げんかい) 』『大東世語』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

服部南郭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

服部南郭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.