Rakuten infoseek

辞書

有馬の人形筆【ありまのにんぎょうふで】

事典 日本の地域ブランド・名産品

有馬の人形筆[人形・玩具]
ありまのにんぎょうふで
近畿地方、兵庫県地域ブランド
神戸市北区で製作されている。起源室町時代という。文字を書こうとを持つと、筆尻から人形が飛び出す仕掛けがほどこされている。絹糸を巻いて美しい模様を筆の柄につける点も特徴。兵庫県伝統的工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ありま【有馬】 の 人形筆(にんぎょうふで・にんぎょふで)
① 神戸市北区の有馬温泉特産の筆。軸中に木彫りの人形を仕込んである。筆を立てると人形が現われ、倒せば引っ込む。永祿(一五五八‐七〇)の頃、温泉に子宝を授かる効能ありとの伝説により考案されたものという。ありまふで。
② 「有馬」に「あり」をかけて、単に「ある」の意にいう、江戸で流行したしゃれ。ありまふで。
洒落本・客衆一華表(1789‐1801頃)丹波屋之套「なんでありまのにんぎょふで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有馬の人形筆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有馬の人形筆の関連情報

他サービスで検索

「有馬の人形筆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.