Rakuten infoseek

辞書

有職【ウシキ】

デジタル大辞泉

う‐しき【有職】
僧職で、已講(いこう)内供(ないぐ)阿闍梨(あじゃり)の三つの総称僧綱(そうごう)に次ぐ地位とされる。有職三綱(さんごう)。有職正三綱。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐しき〔イウ‐〕【有職】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐しょく〔イウ‐〕【有職】
職業をもっていること。有業。「有職の女性」
ゆうそく(有職)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐そく〔イウ‐〕【有職/有識】
朝廷や公家の儀式・行事・官職などに関する知識。また、それに詳しい人。
学識のあること。また、その人。学者。
「いと―の物のかぎりなむなりかし」〈宇津保嵯峨院
諸芸にすぐれていること。また、その人。
「―のおぼえ高きその人」〈・若菜下〉
教養・才知・家柄・容貌などのすぐれていること。また、その人。
「およそ何事にも―に」〈大鏡・実頼〉
[補説]原義は2の意で「有識」と書いたが、1が生じて「有職」とも書くようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐そこ〔イウ‐〕【有職】
ゆうそく(有職)」に同じ。
「かのぬし―なれど」〈宇津保・菊の宴〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うしき【有職】
僧侶の職名。已講いこう・内供ないぐ・阿闍梨あじやりの総称。有職の三綱さんごう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆうしょく【有職】
職についていること。 ⇔ 無職 「 -者」
ゆうそく(有職)」に同じ。
宮中に役職・任務をもつこと。 〔日葡〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆうそこ【有職】
ゆうそく(有職)」に同じ。 「かのぬし-なれど/宇津保 菊の宴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う‐しき【有職】
〘名〙 僧の職名。已講(いこう)、内供(ないぐ)、阿闍梨(あじゃり)の総称で、僧綱(そうごう)に次ぐといわれる。
※大鏡(12C前)五「御さきに、有職、僧綱どものやんごとなき候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐しき イウ‥【有職】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐しょく イウ‥【有職】
〘名〙
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「さるは、いみじきいうしょくなり」
② 天台・真言宗の僧職。已講(いこう)・内供(ないぐ)・阿闍梨(あじゃり)をいう。うしき。
※塵添壒嚢抄(1532)一四「已講 内供阿闍梨〈是謂有識(ユウショク)也〉」
宮中役職任務をもつこと。現代では、ひろく職業に就いていること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐そこ イウ‥【有職】
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「かのぬしいうそこなれど、この道になれば、かくこそはあれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有職」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有職の関連情報

他サービスで検索

「有職」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.