Rakuten infoseek

辞書

有理数【ゆうりすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有理数
ゆうりすう
無理数」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうり‐すう〔イウリ‐〕【有理数】
実数のうち、2個の整数の比によって表される数。無理数以外の実数。⇔無理数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうりすう【有理数 rational number】
分数n/m(m,nは整数でm≠0)の形で表せる数を有理数といい,この形で表せない実数を無理数という。有理数を小数で表すと,有限小数または循環小数になる。またα,βが有理数であれば,α+β,α-β,αβ,α/β(β≠0)も有理数である。すなわち,有理数の範囲で四則演算ができる。 α,βが相異なる有理数であるとする。p,qが自然数であれば,はαとβの間の有理数であるから,αとβの間には有理数が無限に存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうりすう【有理数】
整数の比で表すことのできる数。整数および分数をあわせて呼ぶ。有理数は小数で表すと、有限小数か循環小数のいずれかになる。 ⇔ 無理数

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有理数
ゆうりすう
整数と分数をあわせた数のすべてを有理数という。有理数は、整数の商で表される数、すなわち、mを0でない整数、nを整数としてn/mの形に書かれる数である。
 有理数には、正・負の整数、分数と0が含まれる。
 一つの有理数はいろいろな形に表すことができる。n/m,n′/m′(m、n、m′、n′は整数、m、m′は0でない)が同じ有理数を表すのは、nm′=n′mのときである。
 二つの有理数の和・差・積は有理数であり、有理数を0でない有理数で割った商も有理数である。しかし、正の有理数の平方根は、有理数とは限らない(例 )。有理数でない実数が無理数である。これらの関係は次のようになる。

 有理数は、小数で表すことができる。その場合、有限で終わる小数(有限小数、例 3/4=0.75)か、小数部分のある位以下で同じ数字が限りなく繰り返されるような小数(循環小数、例 5/11=0.454545……)のどちらかになる。また循環小数は有理数を表す。
 有理数は、大小の順序に従って直線上に並べることができる。これが数直線である。数直線上で、二つの有理数をとると、その間には、少なくとも一つの(したがって無数の)有理数がある。これを有理数の稠密(ちゅうみつ)性という。[三輪辰郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうり‐すう イウリ‥【有理数】
〘名〙 整数または分数の形で表わすことのできる数の総称。⇔無理数
※零の発見(1939)〈吉田洋一〉二八「整数や分数を引くるめて之を有理数とよび」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有理数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有理数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.