Rakuten infoseek

辞書

有島生馬【ありしま いくま】

美術人名辞典

有島生馬
洋画家・小説家。神奈川県生。小説家有島武郎の弟、里見弴の兄。名は壬生馬、別号に十月亭。東京外大卒。洋画を藤島武二に師事し、二科会創立したが、抽象派に反発してのち一水会を創立した。「白樺」の創刊に加わり、小説には『蝙蝠の如く』『嘘の美』などがある。また翻訳・美術随筆にも腕をふるう。芸術院会員。文化功労者。昭和49年(1974)歿、91才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ありしま‐いくま【有島生馬】
[1882~1974]洋画家・小説家。神奈川の生まれ。本名、壬生馬(みぶま)。武郎(たけお)の弟。里見弴(さとみとん)の兄。欧州留学中に後期印象派の影響を受け、帰国して「白樺」の創刊に参加、セザンヌを初めて紹介。また、二科会一水会を創立。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

有島生馬 ありしま-いくま
1882-1974 大正-昭和時代の洋画家,小説家。
明治15年11月26日生まれ。有島武の次男。有島武郎(たけお)の弟。里見弴(とん)の兄。藤島武二に洋画をまなび,ヨーロッパに留学後「白樺」の同人となり,セザンヌを紹介した。二科会,一水会を創立。昭和10年帝国美術院会員,39年文化功労者。昭和49年9月15日死去。91歳。神奈川県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。本名は壬生馬(みぶま)。小説に「蝙蝠(こうもり)の如く」,随筆集に「美術の秋」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ありしまいくま【有島生馬】
1882‐1974(明治15‐昭和49)
洋画家,小説家。初代横浜税関長有島武の次男として横浜に生まれる。本名壬生馬(みぶま)。兄に有島武郎,弟に里見弴がいる。東京外国語学校イタリア語科を卒業して,藤島武二に師事。1905年イタリアに渡り,ローマでカロリュス・デュランに師事した後,パリでR.コラン,プリネーに学び,彫刻の修業もする。07年のセザンヌの回顧展に感銘を受け,以降アカデミックな様式を離れ,後期印象派の作風に親しむ。10年帰国し,滞欧作70点を発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ありしまいくま【有島生馬】
1882~1974) 洋画家・小説家。横浜生まれ。本名、壬生馬みぶま。武郎の弟、里見弴の兄。東京外国語学校卒。欧州留学後「白樺」に参加、セザンヌほか後期印象派の紹介に努めた。小説「蝙蝠の如く」「噓の果」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有島生馬
ありしまいくま
[生]1882.11.26. 横浜
[没]1974.9.15. 鎌倉
洋画家,小説家。本名壬生馬。学習院を経て,1904年東京外国語学校を卒業。藤島武二に師事して油絵を学ぶ。 05年渡欧しローマとパリで学ぶ。 07年パリで「セザンヌ回顧展」を見て感動し,10年帰国後雑誌『白樺』でセザンヌを紹介。また帝展の沈滞したアカデミズムを批判して 14年二科会を創立。しかし 35年に帝国美術院会員となったのを機に二科会を脱退,翌年一水会の創立に参加した。有島武郎を兄に里見 弴を弟にもち,文筆にもすぐれ,西洋近代絵画思潮を日本に紹介した功績は大きい。 64年文化功労者。主要作品『パイプを吸う男』 (1908) ,『鬼』 (14,東京都美術館) など。また,小説には『ボーヂェの森』 (11) ,『嘘の果 (み) 』 (19~20) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有島生馬
ありしまいくま
(1882―1974)
洋画家、文筆家。横浜市に生まれる。本名壬生馬(みぶま)。小説家の有島武郎(たけお)の弟、里見(とん)の兄。1904年(明治37)東京外国語学校イタリア語科を卒業。すぐ藤島武二に洋画を学び、翌1905年渡欧してローマの国立美術学校、のちパリで学ぶほか各国を旅行する。1910年帰国して『白樺(しらかば)』誌の創刊同人となり、セザンヌほか欧州新美術の紹介に努める。1914年(大正3)同志と二科会を創立して出品のほか、小説『蝙蝠(こうもり)の如(ごと)く』(1910~1911)、『南欧の日』(1916)、『嘘(うそ)の果(はて)』(1919)を発表、また翻訳、美術評論など幅広く活躍する。1935年(昭和10)帝国美術院会員、日本ペンクラブ初代副会長となり、翌1936年同志と一水会を創立。第二次世界大戦後は日展理事を務め、鎌倉近代美術館ほかで回顧展を開いた。1964年(昭和39)文化功労者となる。代表作に『ケーベル博士像』『熊谷守一(くまがいもりかず)肖像』『大震記念』『微笑』など。[小倉忠夫]
『『有島生馬全集』全3巻(1997・日本図書センター)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ありしま‐いくま【有島生馬】
洋画家、小説家。横浜に生まれる。本名壬生馬(みぶま)。武郎の弟。里見弴(とん)の兄。「白樺」同人。二科会、のち、一水会の創立に参加。日本芸術院会員。小説「嘘の果(み)」など。明治一五~昭和四九年(一八八二‐一九七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有島生馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有島生馬の関連情報

他サービスで検索

「有島生馬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.