Rakuten infoseek

辞書

有島武【ありしま たけし】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

有島武 ありしま-たけし
1840-1914 明治時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)11年生まれ。有島武郎(たけお),有島生馬,里見弴(とん)の父。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。江戸砲術,練兵術をまなび,英語もおさめた。明治5年大蔵省にはいって欧米に派遣され,帰国後関税局長,国債局長を歴任。退官後は十五銀行,日本鉄道の取締役をつとめた。大正3年12月2日死去。75歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

有島武」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有島武の関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦第1次世界大戦グリフィスアヘン戦争シュティフターレールモントフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.