Rakuten infoseek

辞書

有効画素数【ゆうこうがそすう】

パソコンで困ったときに開く本

有効画素数
デジタルカメラに搭載された撮像素子の画素全体を示す「総画素数」に対して、レンズからの光が当たり実際に撮影に使われる画素の数を指します。撮像素子の周辺部分にあるいくらかの画素は使われておらず、撮影時に使われる有効な画素と使われない無効な画素があるわけです。
有効な画素で受けた光だけが画像データとして記録されるため、使われなかった画素の分が黒く枠になることはありません。
また、データとして記録される画像の解像度は、有効画素数に対して「記録画素数」と呼ばれます。
⇨解像度、画素、記録画素数、
撮像素子、デジタルカメラ

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ゆうこう‐がそすう〔イウカウグワソスウ〕【有効画素数】
effective pixels》デジタルカメラなどが備える撮像素子を構成する受光素子のうち、実際に撮影に使用される素子の総数。撮像素子周辺部の受光素子は使用されないため、総画素数より若干少ない。また、画像データの記録画素数とも異なる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

有効画素数
 デジタルカメラの心臓部である イメージセンサ の総画素数のうち、画像生成のために有効活用されている 画素数 。画素数として、 総画素数 や有効画素数、 記録画素数 などが混在表記された時期があったが、現在はイメージセンサの性能がよくわかるように、有効画素数が優先表記されている。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ゆうこうがそすう【有効画素数】
デジタルカメラデジタルビデオカメラに搭載されたCCDCMOS(シーモス)などのイメージセンサーにおいて、実際に記録に使われるピクセル(画素)の数。素子の周辺部分は画像データのピクセル(画素)の数。アスペクト比やノイズの出やすさから撮影に使われないため、イメージセンサーの総画素数より少なくなる。⇒画素数

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有効画素数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有効画素数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.