Rakuten infoseek

辞書

有体物【ゆうたいぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

有体物
ゆうたいぶつ
民法上,権利の客体 (対象) となるのことをいう (85条) 。この有体物の意義,概念については,有体性説 (物理学の理解に準じて,空間の一部を占める有形体的存在物である固体,液体,気体を意味する) ,管理可能性説 (独立の価値を有し排他的支配の可能なものを広く意味する) があるが,今日の通説,判例は管理可能性説に従っている。たとえば電気,人工的暖気冷気,蒸気力なども有体物として,民法上の物と解されている。刑法には電気を財物とする規定があるが (245条) ,民法では当然のことと解してよい。 (→無体物 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうたい‐ぶつ〔イウタイ‐〕【有体物】
法律で、物理的に空間の一部を占めて有形的存在をもつ物。⇔無体物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうたいぶつ【有体物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうたいぶつ【有体物】
〘法〙 人間以外で、空間の一部を占める有形的存在である物。民法上の「物もの」とは有体物をいう。 ⇔ 無体物

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

有体物
ゆうたいぶつ
民法上、物とは有体物をいうとされている(85条)。土地など物理的な物だけでなく、法律上排他的支配が可能であればよいと解され、電気・熱などのエネルギーも含まれる。[伊藤高義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうたい‐ぶつ イウタイ‥【有体物】
〘名〙 空間の一部を占めて有形的な存在をもつ物。
※民法(明治二九年)(1896)八五条「本法に於て物とは有体物を謂ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有体物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

有体物の関連情報

他サービスで検索

「有体物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.