Rakuten infoseek

辞書

月暈【ゲツウン】

デジタル大辞泉

げつ‐うん【月×暈】
月の周囲に現れる輪状光暈が細かい氷の結晶からできている雲に反射・屈折して起こる。つきのかさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき‐がさ【月×暈】
月の周りに見える光の。→暈(かさ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げつうん【月暈】
月の周りにできる光の輪。月のかさ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つきがさ【月暈】
月の周囲に見える光の環。 → うん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げつ‐うん【月暈】
〘名〙 月の周囲に現われる状の光。細かい氷の結晶からできている雲で月の光が反射・屈折して起こる現象。月の(かさ)
※玉山先生詩集遺稿(1774)宿熱海旅館、観野火焼山「長烟生月暈、落点乱星輝」 〔史記‐天官書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき‐がさ【月暈】
〘名〙 大気中に浮遊する氷晶によって月の光が反射または屈折して生じる光の環。半径約二二度、環は通常、外側の方が明るい。白色に見えるが光のつよい場合は、内側が赤みがかって見え、外側はうすい黄色に見える。つきのかさ。ハロ。〔羅葡日辞書(1595)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月暈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

月暈の関連情報

他サービスで検索

「月暈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.