Rakuten infoseek

辞書

月性【げっしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

月性
げっしょう
[生]文化14(1817).周防,鳴門
[没]安政5(1858).5.11. 周防
幕末,攘夷論を唱えた浄土真宗妙円寺の僧。字は知円。号は清狂。 15歳のとき郷里を出て,北九州各地で修行,のち京都,江戸を巡遊吉田松陰梅田雲浜と交わる。漢詩をよくし,また著書に『仏法護国論』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げっしょう〔ゲツシヤウ〕【月性】
[1817~1858]江戸末期の浄土真宗の僧。周防(すおう)妙円寺の住職。字(あざな)は知円。号は清狂。諸国を巡り、志士交遊尊王攘夷海防論を唱えた。「男子志を立てて郷関を出(い)ず」の詩は有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

月性 げっしょう
1817-1858 江戸時代後期の僧。
文化14年9月27日生まれ。周防(すおう)(山口県)浄土真宗本願寺派妙円寺の住職。諸国を遊歴し,帰郷して私塾清狂草堂をひらく。吉田松陰,頼三樹三郎(らい-みきさぶろう)らと親交をむすぶ。尊王攘夷(じょうい),海防の必要をとなえて海防僧とよばれた。安政5年5月11日死去。42歳。字(あざな)は知円。号は清狂。著作に「仏法護国論」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

月性
藩の各地をまわって仏教の教えを説くかたわら、仏教にもとづいた独自の海防論も説いたので、海防僧と呼ばれました。また、妙円寺の境内にひらいた私塾の時習館[じしゅうかん](清狂草堂[せいきょうそうどう])で多くの若者を教え、入江石泉[いりえせきせん]、大楽源太郎[だいらくげんたろう]などが影響を受けました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げっしょう【月性】
1817‐58(文化14‐安政5)
幕末に尊王攘夷を唱えた僧侶。周防国玖珂郡の真宗妙円寺住職の家に生まれる。九州,近畿,北陸を遊歴し,西洋で国家と密着したキリスト教の諸国への拡大,浸透を知り,仏教で日本を守護することを主張した。各地の尊攘運動の志士や長州藩の要路や吉田松陰と交わって海防僧として名を高めた。本山大谷本願寺に招かれ,紀州藩などにも遊説したが,帰郷中に病死した。著書に《仏法護国論》《清狂詩鈔》などがある。【井上 勝生】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げっしょう【月性】
1817~1858) 幕末の僧。周防の妙円寺(真宗本願寺派)の住職。吉田松陰らと交わり、勤王派として活躍。攘夷海防を説く。「男児志を立てて郷関を出づ…」の詩がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

月性
げっしょう
(1817―1858)
江戸末期の浄土真宗本願寺派の僧。勤王家。字(あざな)は智円(ちえん)、清狂と号した。周防(すおう)国(山口県)の人。15歳のとき九州に遊学して仏教と漢学を修め、のち諸国を歴遊して文士、志士と交わること17年、名声は大いに高まった。ことに吉田松陰、頼三樹三郎(らいみきさぶろう)、僧黙霖(もくりん)と意気相投じた。つねに国家の前途を憂い、海防の必要を論じたため、人は彼を海防僧とよんだ。梅田雲浜(うんぴん)と紀州(和歌山県)の海防を論じ、独行して紀州藩老に説き、また、幕府の蝦夷(えぞ)経営に本願寺開教僧として赴こうとしたが病を得、志を果たさずして没した。『清狂遺稿』2巻、『仏法護国論』、『鴉片(アヘン)始末考異』の著作があり、「男子立志出郷関……」の詩句は大いに人口に膾炙(かいしゃ)した。[瓜生津隆真]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

月性 (げっしょう)
生年月日:1817年9月27日
江戸時代末期の真宗の勤王僧
1858年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げっしょう ゲッシャウ【月性】
幕末の僧。詩人。字は知円。号清狂。周防の妙円寺の住職。仏道、詩文を学び、京都、江戸に出て吉田松陰、梅田雲浜ら多くの名士とまじわる。海防を論じ、尊王攘夷論を主張した。著書として「清狂遺稿」が編まれている。文化一四~安政五年(一八一七‐五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

月性の関連情報

関連キーワード

ウェーバーモンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリン

他サービスで検索

「月性」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.