Rakuten infoseek

辞書

月例経済報告【ゲツレイケイザイホウコク】

デジタル大辞泉

げつれい‐けいざいほうこく【月例経済報告】
景気に関する政府の公式見解を示す報告書。内閣府景気動向指数に基づいて月次で取りまとめ、経済財政政策担当大臣関係閣僚会議に提出し、了承を経て公表される。冒頭基調判断の部分で経済全般を総括的に評価し、個人消費設備投資・住宅建設・公共投資輸出輸入貿易・サービス収支・企業収益・雇用などの個別要素の動向についても言及する。基調判断部分では「弱含んでいる」「改善に足踏みがみられる」「持ち直しの動きがみられる」など独特の表現が用いられ、前月からの変化に注目が集まる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

月例経済報告
景気についての政府の公式見解。内閣府の経済分析の担当者が書き、政策判断のもとになる。輸出や生産といった個別項目と、景気全体を見渡す景気判断で構成する。データを機械的に反映させる景気動向指数とは違い、裁量余地がある。客観性に欠ける、との批判が出ることもある。
(2019-03-21 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

月例経済報告
げつれいけいざいほうこく
政府が毎月発表している景気に関する政府統一見解。景気の全体状況を示す基調判断のほか、国内総生産(GDP)、消費、設備投資、住宅投資、公共投資、輸出入、企業収益、生産、雇用、物価、海外情勢などからなっており、公表時点の日本経済を取り巻く動向がわかるようになっている。政府は直近の基調判断に基づき、経済対策などを実施、日本銀行に適切な金融政策をとるよう要請することもある。月例経済報告関係閣僚会議に経済財政政策担当大臣が原案を提出して説明し、政府公式見解となる。同会議には閣僚のほか、政権与党幹部、日本銀行総裁も出席する。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月例経済報告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

月例経済報告の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.