Rakuten infoseek

辞書

最暗黒之東京【さいあんこくのとうきょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

最暗黒之東京
さいあんこくのとうきょう
松原岩五郎の著書。1893年(明治26)民友社より刊行。『国民新聞』の記者であった松原が、1892年11月から翌年にかけて同紙上に掲載した東京の貧民窟(くつ)についての探訪記事をまとめたルポルタージュ。松原自身、貧民窟で残飯屋に住み込むなどしながら、住居、食物、衣服、職業、賃金、せり市などを通して貧民の状態を描いた。また貧民相手に跋扈(ばっこ)する周旋屋や高利貸しなどにも触れている。97年までに5版を重ね、また横浜で英訳出版されるなど、社会矛盾を指摘したものとして当時評判になった。横山源之助『日本の下層社会』と並ぶ貧民ルポルタージュの代表作である。[大木基子]
『神郡周校注『最暗黒の東京』(1980・現代思潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最暗黒之東京」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最暗黒之東京の関連情報

関連キーワード

黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナー内村鑑三ドビュッシーニキシュマイケルソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.