Rakuten infoseek

辞書

最後の一句【さいごのいっく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

最後の一句
さいごのいっく
森鴎外(おうがい)の短編小説。1915年(大正4)10月『中央公論』に発表。歴史小説の一つ。文久(ぶんきゅう)3年(1863)、大阪の船乗業桂屋(かつらや)太郎兵衛が罪を得て死罪になる前日、16歳になるその長女いちが、弟妹とともに身代りになりたいと申し出た。いちは、奉行所の糾問にみごとに応じたうえ、最後に、「お上の事には間違はございますまいから」と言い足し、そのことばは役人たちの胸を刺した。そして、結局、太郎兵衛は死罪を免れた。このいちの最後の一句には、鴎外自身の官権への批判意識が込められている。[磯貝英夫]
『『山椒大夫・高瀬舟 他四編』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最後の一句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最後の一句の関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球アルメニア人虐殺グリフィスデミル(Cecil Blount De Mille)三木露風[各個指定]芸能部門

他サービスで検索

「最後の一句」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.