Rakuten infoseek

辞書

最低賃金

ビジネス用語集

最低賃金
最低賃金は、賃金の最低基準額の事をいい、
最低賃金法などに基づいて国が決定しています。

雇用関係で見た場合、
雇用者は最低賃金以上の賃金を就労者に支払う必要があります。

最低賃金は都道府県ごとに定められています。
また特定の産業に関してのみ定められている産業別の最低賃金というものもあります。

出典:転職.jp

知恵蔵

最低賃金
最低賃金法(1959年公布)に基づき、労働者に保障された賃金の最低額。労働条件を改善し、労働者の生活の安定や労働力の質的向上を図ることなどが目的。都道府県ごとに定められる地域別最低賃金と、特定の産業について設定される特定最低賃金の2種類がある。
地域別最低賃金は、産業や職種に関係なく、パートタイマーや学生アルバイト、外国人労働者などを含めた全ての労働者に適用される。派遣労働者には派遣先の最低賃金が適用されるため、例えば派遣元の企業が埼玉県にあっても、東京都にある企業に派遣されて働く場合には、東京都の最低賃金が適用される。最低賃金を支払わない場合には、罰則が定められている。
最低賃金額は、賃金や物価などの動向に応じ、ほぼ毎年改定されている。地域別最低賃金は、中央最低賃金審議会から示される引き上げ額の目安を参考に、地域の実情を踏まえて地方最低賃金審議会が審議・答申し、異議申し出などの手続きを経て決定される。また、最低賃金による収入が生活保護の給付水準を下回る「逆転現象」がしばしば起きており、2007年にはこの解消を目的として法改正が行われた。
15年度の改定では、地域別最低賃金の全国加重平均額は798円となり、引き上げ額は18円と単純比較できる02年度以降で最大の上げ幅となった。最高額は東京都の907円、最低額は鳥取など4県の693円で、引き上げ額は20円(愛知県・大阪府)~16円(24道県)となっており、都市と地方で大きな開きがある。
(原田英美 ライター/2015年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

最低賃金
最低賃金法に基づき、国が定めた最低限度の賃金。使用者は最低賃金額以上を支払わなければならない。各都道府県ごとの「地域別最低賃金」と、特定の産業で設定される「特定最低賃金」の2種類がある。地域別最低賃金は、労使有識者でつくる中央最低賃金審議会が毎年夏、引き上げの「目安」を示し、都道府県ごとの審議会で具体的な額を決める。最低賃金より低いと罰則の対象になる。 北海道の最低賃金は2007年度から9年連続で10円以上引き上げられている。ただ、15年度の最低賃金764円でフルタイムで働いた場合でも年収は160万円ほどだ。
(2016-05-09 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

最低賃金
企業が労働者に支払わなければならない賃金(時給)。中央の審議会が引き上げ目安を示し、都道府県ごとの審議会で決まる。メンバーはいずれも労使の代表と有識者。6月に閣議決定した「1億総活躍プラン」で「3%」の引き上げ目標が示され、今年度は全国加重平均で823円(25円引き上げ)になる。
(2016-10-03 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

さいてい‐ちんぎん【最低賃金】
最低賃金法などに基づいて決定される賃金の最低基準額。最賃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

最低賃金
Minimum Wage
・最低賃金には、労働条件や就業規則の上で定められる、企業レベルのものと、法律(最低賃金法)によって定められているものとがある。
・最低賃金法は労働者保護の観点から、国が賃金の最低額を定め、それを下回る賃金を支払わないよう定めたもので、労働者全てに適用される。
・地域別最低賃金と産業別最低賃金があり、高い方の金額が最低賃金として適用される。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

人事労務用語辞典

最低賃金
「最低賃金法」に基づいて国が定めた賃金の最低限度。正社員やパート・アルバイトといった雇用形態に関係なく、企業がこれを下回る賃金を支払うことは禁じられています。
(2007/9/14掲載)

出典:『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいていちんぎん【最低賃金】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵mini

最低賃金
雇用者が従業員に最低限支払わなければならない賃金水準。都道府県ごとに定められ、時給で示される。地域による生計費の違いなども考慮されるため、物価が高い大都市圏では最低賃金も高く設定される。最低賃金の引き上げが行われた2014年度の最低賃金は平均780円で、最も高い東京で888円、最も低い鳥取、高知など7県で677円となっている。これにより、最低賃金で働く人の手取り収入が生活保護の受給額を下回る逆転現象が全都道府県で解消した。
(2015-7-17)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最低賃金
国などにより定められた、使用者が労働者に支払わなくてはならない最低額の賃金のこと。日本においては、最低賃金法(昭和34年4月15日法律第137号)に基づき国が定めた賃金の最低額のこと。最低賃金には、地域別最低賃金と特定最低賃金の2種がある。地域別最低賃金は、産業や職種に関わりなく各都道府県ごとに1件ずつ定められている。特定最低賃金は、地域別最低賃金よりも金額水準を高くする必要があると認められた特定の産業について設定されているもので、全国で242件定められている(2013年4月12日現在)。なお、この2種が同時に適用される場合には、使用者は高い方の最低賃金以上を支払わなければならない。
(2016-7-28)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最低賃金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

最低賃金の関連情報

他サービスで検索

「最低賃金」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.