Rakuten infoseek

辞書

曾孫【そうそん】

精選版 日本国語大辞典

そう‐そん【曾孫】
〘名〙
① (古くは「ぞうそん」とも) 孫の子。ひまご。ひこ。ひひこ。ひこまご。
※続日本紀‐天平八年(736)一一月丙戌「昔者。軽堺原大宮御宇天皇曾孫建内宿禰尽君之忠
※源平盛衰記(14C前)二七「秀衡と云は、下野国住人、俵藤太秀郷が末葉、日理権大夫経清が曾孫(ソウソン)、権太郎御館清衡が孫也」 〔書経‐武成〕
② 孫より以下の子孫の称。〔詩経‐周頌・維天之命〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひい‐まご【曾孫】
〘名〙 「ひまご(曾孫)」の変化した語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐こ【曾孫】
〘名〙 (「ひひこ(曾孫)」の変化した語。「ひご」とも) 孫の子。ひまご。ひいまご。そうそん。
※書紀(720)皇極即位前(内閣文庫本訓)「天豊財重日(あめとよたからいかしひ)足姫(たらしひめ)の天皇は渟中倉太珠敷(ぬなかくらふとたましき)の天皇の曾孫(ヒコ)(〈別訓〉ひひこ)」
※宇治拾遺(1221頃)一一「それが子、孫、ひこ、やしは子にいたるまで、のこりなくとり殺しはて」
[語誌](1)古く孫をヒコ、曾孫をヒヒコと言ったが、ヒヒコからヒコが生じたために孫の意のヒコと同音衝突を起こした。室町後期にヒマゴという言い方が生まれると、上方では徐々にヒコが駆逐されていった。
(2)江戸など東日本では、ヒコが引き続き用いられ、マゴ(孫)、ヒコ(曾孫)、ヤシャゴ(玄孫)のように呼び分けられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひこ‐まご【曾孫】
〘名〙 孫の子。ひこ。ひいまご。ひまご。そうそん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐ひこ【曾孫】
〘名〙 孫の子。また、子孫。後裔(こうえい)。ひこ。ひまご。そうそん。
※古事記(712)中「又倭建命の曾孫(ひひこ)、名は須売伊呂大中日子王の女」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐まご【曾孫】
〘名〙 孫の子。そうそん。ひひこ。ひこ。ひこまご。〔羅葡日辞書(1595)〕
※虎明本狂言・薬水(室町末‐近世初)「子共孫どもひまご、たくさむにばんじゃうして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曾孫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曾孫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.