Rakuten infoseek

辞書

曹丕【そうひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

曹丕
そうひ
文帝[魏]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐ひ〔サウ‐〕【曹丕】
[187~226]中国、三国時代魏(ぎ)の初代皇帝。在位220~226。曹操長子。字(あざな)は子桓(しかん)。諡号(しごう)、文帝廟号世祖。父を継いで王となり、後漢献帝禅譲によって帝位につき、洛陽を都と定め、国号を魏と号した。九品中正法を施行。詩文を好み、楽府にすぐれた。著「典論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうひ【曹丕】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうひ【曹丕】
187~226) 中国三国時代、魏の初代皇帝(在位220~226)。諡おくりなは文帝。廟号びようごうは世祖。曹操の長子。後漢の献帝を廃して帝位につき洛陽らくように都した。九品中正法を施行。文人としてもすぐれた。著「典論」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

曹丕
そうひ
(187―226)
中国、三国魏(ぎ)の初代皇帝(在位220~226)。諡(おくりな)は文帝。廟号(びょうごう)は世祖。字(あざな)は子桓。曹操(そうそう)の長子。弟の曹植(そうしょく)を推す派を退けて太子となった。220年、曹操が死ぬと、曹操の官と爵を継いで丞相(じょうしょう)・魏王となった。名臣といわれる陳羣(ちんぐん)の発議により、従来の郷挙里選にかえて九品官人法(きゅうひんかんじんほう)(九品中正(ちゅうせい)法ともいう)を施行し、人材を魏に吸収しようとした。後漢(ごかん)の献帝から禅譲を受けて皇帝に即位し、冀(き)州の(ぎょう)から洛陽(らくよう)に移ってここを国都と定めた。文帝は後漢の失敗にかんがみて、諸王である陳彰、陳植の二弟の党派を退けるなど、宗室諸王に権益を与えず、その有名無実化を計った。孫権が臣属を求めてくると、呉王に封じ、孫権に人質を要求した。孫権が人質を拒み、かつ魏に対抗するために、独立して蜀(しょく)との同盟を再開したため、文帝は広陵に親征したが、失敗して帰還した。文帝は博聞強識、才芸兼備とされ、曹操、曹植とともに詩賦をよくし、『典論』を著述して、文学独自の価値を宣言した。また諸儒に命じて最初の類書とされる『皇覧』を編集させた。[上田早苗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐ひ サウ‥【曹丕】
中国、三国時代の魏の初代皇帝(在位二二〇‐二二六)。諡(おくりな)は文帝。廟号は世祖。曹操の子。後漢の献帝から位を譲り受け、洛陽に都した。漢の諸制度を改革し、九品中正の法を施行。文人としてもすぐれた。著に「典論」。(一八七‐二二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曹丕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曹丕の関連情報

他サービスで検索

「曹丕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.