Rakuten infoseek

辞書

書院番【しょいんばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

書院番
しょいんばん
江戸幕府の職名。成立当初,殿中白書院に勤番したのでこの名がある。若年寄に属し,江戸城諸門の警衛,諸儀式の席の周旋,将軍出行の扈従 (こしょう) をつとめ,番頭交代で宿直した。慶長 10 (1605) 年設置の頃は4組,のち 10組がおかれ,各組に番頭,組頭各1名,組衆 50名,与力 10名,同心 20名をおいた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょいん‐ばん〔シヨヰン‐〕【書院番】
江戸幕府の職名。若年寄に属し、江戸城警護、将軍外出時の護衛などのにあたった。初め4組、のち10組程度で、各組に番頭(ばんがしら)・組頭・組衆・与力・同心を置いた。御書院番。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょいんばん【書院番】
江戸幕府番方の職制。1605年(慶長10)もしくは06年の創置。はじめ白書院紅葉間に番したところから,その名を得た。43年(寛永20)以後は,虎之間に勤番することになった。五番方の一つで,小性組番と併称して両番という。定数は10組(ときに増加あり)で,各組に番頭1人(若年寄支配,役高4000石,役料なし,在番中は禄高の半額支給,諸大夫,菊之間詰),組頭1人(若年寄支配,役高1000石,布衣,菊之間南御襖際),組衆50人(頭支配,役高300俵,御目見以上,虎之間詰),与力10騎(役高現米80石,御目見以下,上下役,御抱場),同心20人(役高30俵二人扶持,御目見以下,御抱場)が属した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょいんばん【書院番】
江戸幕府の職名。若年寄の配下で、営内を警備し、将軍外出の際には行列に従って警護にあたるほか、遠国出張や毎年交替で駿府在番などの役をつとめる。御書院番。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

書院番
しょいんばん
江戸幕府番方(ばんがた)の職名。創置は1605年(慶長10)もしくは翌06年の両説がある。初め白(しろ)書院紅葉之間(もみじのま)に勤番したところから、その名を得た。五番方の一つで、小姓(こしょう)組番と併称して両番という。定数は10組(ときに増加あり)。各組に番頭(ばんがしら)1人(若年寄(わかどしより)支配、役高4000石、役料なし、駿府(すんぷ)在番中は禄高の半額支給、諸大夫(しょだいぶ)、菊之間詰(きくのまづめ))、組頭1人(若年寄支配、役高1000石、布衣(ほい)、菊之間南御襖際(おふすまぎわ))、組衆50人(頭支配、役高300俵、御目見(おめみえ)以上、虎之間詰)、与力10騎(役高現米80石、御目見以下、上下(かみしも)役、御抱場(おかかえば))、同心20人(役高30俵二人扶持(ぶち)、御目見以下、御抱場)があった。1866年(慶応2)廃止。番頭、組頭は勤仕並寄合(よりあい)、組衆は奥詰銃隊あるいは勤仕並小普請(こぶしん)に編入された。平時は殿中虎之間に勤番し(1643年以後)、また玄関前中雀(ちゅうじゃく)門および上埋門などの諸門を警衛した。そのほか諸儀式の世話役を勤め、将軍出行の供奉(ぐぶ)に任じ、市中の巡回などにもあたった。また1639年(寛永16)以後は、毎年1組が駿府城に在番した(それまでは大番が在番)。しかし、これは1790年(寛政2)に廃止された。戦時は、他の番方などとともに将軍の旗本に備えた。[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょいん‐ばん ショヰン‥【書院番】
〘名〙 江戸幕府の職名。慶長一〇年(一六〇五)一二月四組創置。増減ののち六組となる。江戸城白書院の紅葉の間に勤番するところからいう。若年寄に属して、殿中の書院の警固、将軍外出時の護衛、儀式の事務、遠国への出張などの任にあたり、毎年交替で駿府(静岡市)に在番する役。各組に番頭、組頭各一名、番士五〇名、与力一〇騎、同心二〇名がつけられた。小姓組と並んで御両番と称された。御書院番。
※元寛日記(1615‐43)「次に小早二双相双、御小姓組・御書院番乗之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

書院番
しょいんばん
江戸幕府の職名
番方の一つで,江戸城内の警備,将軍外出時の随行,毎年交代で駿府駐在などを職務とした。若年寄の支配に属し,旗本が任命された。初め江戸城白書院に勤務したのでこの名がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

書院番」の用語解説はコトバンクが提供しています。

書院番の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.