Rakuten infoseek

辞書

書割【かきわり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

書割
かきわり
大道具の一つで歌舞伎背景を指すが,現在では他の演劇や映画でも使用されている。いくつかに割れて,持ち運べるところからこの名称ができた。特に歌舞伎では,建物の中の襖絵や屋外の風景は背景画家が受け持ち,建物は塗り方が仕上げるという区別が,現在でも守られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かき‐わり【書(き)割(り)】
芝居の大道具の一。木製の枠に紙や布を張り、建物や風景などを描いて背景とするもの。いくつかに割れるところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かきわり【書割】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かきわり【書割】
芝居の大道具の一。木枠に布や紙を張り、建物や風景など舞台の背景を描いたもの。 〔何枚かに分かれていることからの称という〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

書割
かきわり
演劇用語。大道具に属する張物(はりもの)や背景幕に、建物、風景などを遠近法によって書いたもの。柱、壁、戸または山河などをいくつもの張物に割って書くことから、この名が生まれたらしい。歌舞伎(かぶき)から出た語だが、現代では一般演劇にも使われ、また動詞化して、張物に絵の具で背景を描くことを「書き割る」とよぶ。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かき‐わり【書割】
〘名〙 演劇で、大道具の一つ。木枠に紙や布を張りつけ、風景や建造物を描いて舞台背景としたもの。壁、柱など一定の法式で書き割るところから、または、いくつかに分割できるところからの語という。
※歌舞伎・白縫譚(1853)四幕「正面に床の間、三尺の袋戸棚、掛物、料紙硯箱など書割よろしく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

書割」の用語解説はコトバンクが提供しています。

書割の関連情報

他サービスで検索

「書割」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.