Rakuten infoseek

辞書

更衣【こうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

更衣
こうい
平安時代,後宮女官の一つ。初めは,天皇が衣服を着替えるために設けられた便殿 (べんでん) を更衣と称したが,のちにはそばに仕える女官をさすようになった。女御 (にょうご) の次位にあって天皇の御寝に侍し,四,五位に叙された。最初は近衛の次将や受領の娘が任じられたが,次第に公卿の娘が任官するようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

更衣
ころもがえ
催馬楽 (さいばら) の曲名。「ころもがへせむや…」という歌い出しを曲名とする。朝覲 (ちょうきん) 行幸の宴席の御遊 (ぎょゆう) などに演奏された律の曲の代表曲として,「伊勢海」とともに知られたが,室町時代廃絶。明治期に再興された。平調主音とし,三度拍子というリズムパターンによる曲。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐い〔カウ‐〕【更衣】
衣服を着替えること。ころもがえ。「更衣室」
平安時代、女御(にょうご)に次ぐ後宮の女官。天皇の衣替えをつかさどる役であったが、のち、寝所に奉仕するようになった。
「女御―あまたさぶらひ給ひける中に」〈桐壺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ころもがえ【更衣】[曲名]
催馬楽(さいばら)の曲名。律に属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうい【更衣】
古代の天皇の〈きさき〉の称。本来は天子の衣替えに奉仕する女官の称という。令外の〈きさき〉としては,女御(にようご)の下位にあり,ともに令制(ひん)の下位に位置づけられた。位階は五位または四位止りであった。その成立は9世紀初頭。嵯峨朝における源氏賜姓と深くかかわる。更衣の生んだ皇子女は,更衣たちが皇親系諸氏,藤原氏,橘氏等有力氏族出身者である場合を除いてすべて源氏を賜姓した。史料的には後三条朝を下限とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ころもがえ【更衣】
こうい〉ともよむ。毎年,季節に応じて着物を着かえたり調度を改めたりする日をいう。1年を2期に分けて,4月朔日(1日)から9月晦日までを夏装束,10月朔日から3月晦日までを冬装束とし,4月と10月の朔日に,それぞれ服飾はもとより室内の調度を改めるのを例としたので,この日を更衣といった。《建武年中行事》にも〈四月ついたち,御衣がへなれば,所々御装束あらたむ,御殿御帳のかたびら,おもてすずしに,胡粉(ごふん)にて絵をかく,壁代(かべしろ)みなてっす,よるの御殿もおなじ,灯籠の綱,おなじ物なれど,あたらしきをかく,畳おなじ,しとねかはらず,御服は御直衣(のうし),御ぞすずしの綾の御ひとへ,御はり袴,内蔵寮(くらのつかさ)より是をたてまつる,女房きぬあはせのきぬども,衣がへのひとへからぎぬ,すずし,裳(も),常のごとし〉とある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ころもがえ【更衣】
催馬楽(さいばら)の曲名。歌詞は〈ころもがへせむや さきんだちや わが衣(きぬ)は 野原篠原 萩の花摺や さきんだちや〉。平調(ひようぢよう)音を宮(きゆう)とする律の部に属し,拍子13。室町末期に伝承が絶えたが,江戸時代中期に古譜によって再興され,今日に至る。《伊勢海》《安名尊(あなとうと)》などと共に催馬楽の有名曲。【田辺 史郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうい【更衣】
衣服を着がえること。衣がえ。着がえ。
平安時代、後宮の女官の一。女御にようごに次ぎ、普通五位、まれに四位。もと天皇の衣がえをつかさどったが、のち天皇の御寝に奉仕した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐い カウ‥【更衣】
〘名〙
① 衣服を着かえること。衣がえ。こうえ。また、初夏の衣がえ。
※明衡往来(11C中か)上本「奉入縑三疋。右更衣之間。為葛衣奉入如件」
※俳諧・増山の井(1663)四月「更衣(コロモカヘ)(〈注〉カウイ)一日 白重(しらかさね)
② 後宮女官の名。もと、天皇の衣がえの御用を勤める役であったが、後には、天皇の妻の呼称となる。納言およびそれ以下の家柄の出身の女で、地位は女御の下。ふつう五位、まれに四位に進む者があった。〔続日本後紀‐承和九年(842)〕
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いづれの御時にか女御更衣あまたさぶらひ給ひける中に」
③ 便所に行くこと。〔医案類語(1774)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

更衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

更衣の関連情報

他サービスで検索

「更衣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.