Rakuten infoseek

辞書

曲者【クセモノ】

デジタル大辞泉

くせ‐もの【曲者/癖者】
盗賊などの怪しい者。「―が忍び込む」
ひと癖あって、したたかな人物。「ああみえて彼はなかなかの―だ」「―ぞろい」
表面には現れていない何かがありそうで、油断できないこと。「話のうますぎるところが―だ」
普通とは違った人物。なみなみでない人。
「光盛こそ奇異の―組んで討って候へ」〈平家・七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょく‐しゃ【曲者】
〘名〙
① 芸能にすぐれた人。芸能をよくする人。
※五音曲条々(1429‐41頃)「ただなまりの内の是非を聞き分くる事、堪不の曲者によるべし」
② 能楽で、音曲の演者。
※羅葡日辞書(1595)「Archimimus〈略〉アソビュウド、ヲトギ、qiocuxano(キョクシャノ) カシラ、キャウゲンダユウ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曲者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

曲者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.