Rakuten infoseek

辞書

【バク】

デジタル大辞泉

ばく【暴】[漢字項目]
ぼう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう【暴】
[名・形動]激しく荒々しいこと。不法なこと。無謀なこと。また、そのさま。
「今じゃア、まさかあんな―な事はできないワイ」〈逍遥当世書生気質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう【暴】[漢字項目]
[音]ボウ(呉) バク(慣) [訓]あばく あばれる
学習漢字]5年
〈ボウ〉
手荒に振る舞う。激しく荒々しい。「暴悪暴虐暴挙暴君暴言暴行暴動暴風暴力暴戻横暴凶暴狂暴粗暴乱暴
度を過ごす。「暴飲暴食暴利
だしぬけに。にわかに。「暴発暴落
素手で打ちかかる。「暴虎馮河(ぼうこひょうが)
〈バク〉
日光にさらす。「一暴十寒(いちばくじっかん)
むき出しにする。あばく。「暴露
[補説]は「曝(ばく)」と通用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あかしま【暴】
形動ナリ
あからしま(暴)に同じ。 -に家にまかり帰る/日本書紀 雄略訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あからしま【暴】
形動ナリ
にわかなさま。急なさま。あかしま。あからさま。 白狗-に出て大樹の臣を逐ふ/日本書紀 雄略訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう【暴】
名 ・形動 [文] ナリ 
荒々しいこと。乱暴であること。また、そのさま。 日方が言葉に募つて-な事でも仕はせぬかと/天うつ浪 露伴
道理にはずれていること。不法であること。また、そのさま。 はや乱酔の友達らの、-なコップの悪強わるじい酒/当世書生気質 逍遥
[句項目] 暴を以て暴に易う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あば・る【暴】
〘自ラ下二〙 ⇒あばれる(暴)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あばれ【暴】
〘名〙
① あばれること。荒れた行ないをすること。乱暴。
※俳諧・破箒(1677)春「折やつをあばれとおもへ山ざくら〈宗俊〉」
※浮世草子・好色三代男(1686)二「いでや手蕎麦(てそば)のあばれ、大のみ、早ぐひ、勝手しらず」
歌舞伎、長唄などの囃子(はやし)で、太鼓を主奏楽器とした演奏。荒事師の出や立ち回りに用いる。
※歌舞伎・貞操花鳥羽恋塚(1809)三立「トあばれになり、雷雲、羽織衣裳の形(なり)にて、天秤棒(てんびんぼう)に大福帳の荷を附け」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あば・れる【暴】
〘自ラ下一〙 あば・る 〘自ラ下二〙
① 乱暴な行為をする。
(イ) 人や器物に暴力を振るったりして、騒ぎたてる。無法なことをする。
※玉塵抄(1563)二一「豪放なあはれたうでこきをたつる者をみじきくだいたぞ」
※日葡辞書(1603‐04)「コノ ワランベガ abarete(アバレテ) タマラヌ」
(ロ) 常識からはずれた行為をする。暴飲暴食など度を越した無茶なことをする。
※仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「古よりも暴(アバ)れてなん食らひける」
(ハ) 激しく身体を動かす。あちこちとはげしく動きまわる。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉一「此鳥は、馴れたりや、又は、暴るることありや」
② 勇ましく大胆に行動する。大活躍する。
※歌舞妓年代記(1811‐15)三「両人の紋付たる扇を遣り、来年中は随分あばれ候へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼう【暴】
〘名〙 (形動)
① あらあらしいこと。荒く、激しいこと。また、そのさま。
暦象新書(1798‐1802)上「星体の天上を行は、〈略〉暴ならず遽ならずして」 〔詩経‐邶風・終風〕
② 道理にそむいていること。不法であること。乱暴であること。また、そのさま。
※文明本節用集(室町中)「主暴不諫非忠臣(シュボウナルヲイサメザルハチウシンニアラズ)〔新序〕」
※史記抄(1477)一一「紂が暴なと云て伐が吾はさて暴ではない歟不知非也」 〔論語‐堯曰〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

暴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.